バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『カップでも油そば ガテン系まぜそば』
監修にジャンクガレッジが参画しているならばやっぱり試してみないといけないでしょう。と書きつつも実際にはジャンクガレッジは食べたこと無いです。近くに寄ることがあったらぜひ食べてみたいもんです。

ガテン系インスタント油そば1

ジャンクガレッジと銘打たれて期待しちゃうのは極太麺と濃厚タレ。しかもガテン系ときてるのでギトギトで食べたら顔面テリテリって感じですね。

ガテン系インスタント油そば2

麺幅は2mm。確かに太い麺です。

ガテン系インスタント油そば3

湯を捨てて麺を見ると。香港や中国でいう伊麺、伊府麺っぽいです。製法が同じだから同じっちゃー同じだけど、同じ揚げ麺のカップヌードやらは食感が違いますね。極太麺だと伊麺の食感と似るのでしょうか。ふやけた後の麺幅は3mm強になっていました。

ガテン系インスタント油そば4

味の方はあまりはっきりした味でないところにマヨネーズなもんで、すっかりマヨ勝ちしています。麺もモッチリと来ません。最近のこの手の商品では明星の黒パッケージ「まぜそば」に軍配が上がるのではないでしょうか。油そばのモチモチ感にはノンフライ系が向いているのかな?

スポンサーサイト
【2008/05/24 19:34】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『ぽっぽっ屋の通販を食べてみた』
以前も書いたぽっぽっ屋が通販を始めたというので買ってみました。値段は3食入りで1,980円、5食入りで2,980円(1食660円~596円)と結構高いです。具が一切無い状態でこの金額ということは店で提供される形に仕上げると800円を下らないでしょう。店へ行けない人もしくは、オリジナルのトッピングやアレンジをしたい人用ですね。結局何食あっても食べるだろう(笑)ということで単価の安い5食入りを買いました。

ぽっぽっ屋通販2

さっそくブツを見てみましょう。

ぽっぽっ屋通販3

通常家で製麺するときの小麦とかん水の他に食塩、酒精、卵、プロピレングリコール、着色料(リボフラビン)が入っていました。横文字の単語をググってみるとプロピレングリコールが保存料でリボフラビンが蛍光黄色の着色料だそうです。家ではどちらも使わないですね。酒精(アルコール)は何のためなんだろう?これもたぶん家では必要ないですね。

茹でる前に麺をつぶしてみたりして観察すると、加水率低いですね。結構粉って感じです。プロピレングリコールが保湿作用もあるのでこれが麺の状態を保持するのを助けてるのかな?勉強になります。

写真はありませんがタレの成分は醤油、豚脂、にんにく、砂糖、香辛料、食塩、昆布エキス、りんご酢、アミノ酸、アルコール、キサンタンとあります。あれれ?旨味成分が昆布エキスとアミノ酸しかない…アミノ酸と一くくりにしてるのが多種のアミノ酸ってことなのかな?

ぽっぽっ屋通販4

作り方のとおり作ってみました。おそらく店で食べたほうが安い…

ぽっぽっ屋通販5

タレを吸った麺を引きずり出したところ。ボキボキです。

ぽっぽっ屋通販6

厚切り豚さん。

ぽっぽっ屋通販7

後日、麺を1.5玉で作りました。豚さんも増量です。

ぽっぽっ屋通販8

卵の黄身が太い麺に絡み、黒胡椒がよくあいます。

■ 関連ログ
ぽっぽっ屋本店

【2008/04/01 11:17】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『麺や 丸めのカレー麺vs味麺(油そば)に参戦』
麺や丸めにて二月末(書いてるのは三月末)までカレー麺と味麺を期間限定で出してどちらか多く売れたほうを常時メニューに加えるというイベントというかそういうのがありました。丸めは以前、二郎と燕三条系を合体させた夢のようなラーメン「燕三郎」という期間限定メニューのときに食べてまた来たいと思っていた店です。今回のレースに参戦しないてはありません。行ってきました。二月末もギリギリになって。選んだのは油そば好きなので味麺です。

丸め味麺1

大盛無料なので大盛です。麺は極太、断面は長方形です。

丸め味麺2

混ぜてタレを吸った麺がでてきたところ。

食べ終わって気がついたのですが、中間報告で味麺が優位にあったということを考えると、油そばを残したいという理由で油そばを食べることは、残らないであろうカレー麺を結局食べることなくレースを終えてしまうことになります。残らないのでその後も食べられないし。ということは、ここはどっちを残したいかではなくて、残らないであろう方を食べないと両方を食べることができません。でなければ、両方を食べるか。両方食べろってことか…気づくのが遅かった…
【2008/04/01 00:03】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『屋台のカップ油そば?』
2007年夏前にとあるサイト、2chだったかなぁ、油そばの掲示板に明大前に屋台の油そば屋さんが出ているという書き込みがありました。それは面白いということで早速googleで調べてみました。かなり有名ではないようで全然それらしき情報は得られませんでした。それからしばらくして、またその掲示板におおよその場所と夏は暑いから営業しないという情報が書き込まれました。だんだん見えてきました。しかし、ここで秋まで開店待ちです。

夏も過ぎて10月になってから行ってみました。情報を元に自転車で付近まで近づくと一発で見つかりました。しかし、そこは学校と運動場の間の道路。しかも狭く、関係者以外通りそうも無さそうな感じです。こんなところで客が来るのか?先客が居ました高校生くらいの若者が数人。

油そばを頼んでみました。出てきたのはこれ。

油そば@幸福や1

発泡スチロールの器なので、カップ麺感満点です。水も紙コップ。美味ければ容器なんて何でもいいじゃないか。屋台だから食器を洗うのが大変なのかも。とはいえども、屋台だったのかいけません。この日は風が強く、水を飲むとコップが軽くなって飛ばされそうだし、麺を食べ進むと油そばも風にやられそうです。手や箸で抑えてないと飛びます。大変でした。屋台だからこそ陶器の器を使わないといけないですね。

油そば@幸福や2

味の方は、スタンダードな油そばで美味しいです。ちょっとしょっぱかったな。そうそう、店の名前は幸福屋。いい名前です。
【2008/03/19 23:52】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『珍々亭のお持ち帰りセット』
外食できないけれども楽しもうということで珍々亭で生麺のお持ち帰りをしました。珍々亭はあの油そばの店です。この店は近所なので空いてる時間帯を見計らってちょくちょく食べてました。お持ち帰りを食べるのは初めてです。お使いで買いに行ったことはありますが。
珍々亭お持ち帰り1

大盛り二人前を頼むと一つの袋にガツンと詰めてくれました。

珍々亭お持ち帰り2

作り方を書いた紙もつけてもらいました。クリックで大きくなります。

珍々亭お持ち帰り99

中身の構成は生麺4玉にタレ二つ、ラー油たっぷりとメンマ、チャーシューです。これで値段は1,400円。あれれ店で食べる大盛りと同じ料金です。同じ料金で調理してくれないことを考えると損した感がありますが、店で食べる大盛りって二玉分も入ってないような気がします。それにラー油。たっぷり余るほど袋に入ってるのです。しかもこのラー油美味しいんです。とっておいてしばらく使えます。トータル的にお徳ですね。

珍々亭お持ち帰り3

タレの袋をかざしてみると何だか綺麗じゃないですか。この透明感。ラードとタレはほぼ1:1です。下の方に見えるルビーのようなのがラー油です。

珍々亭お持ち帰り4

麺は2mmの歯で切ったくらいでしょうか。太い麺です。

珍々亭お持ち帰り5

まず、丼にタレを入れます。作り方には少なめに入れて後で調整するとありましたが、全部入れます。この時点で、タレの味見。店では絶対できないことです。珍々亭のタレってどんな味なんだ?どうしたら珍々亭みたく美味しく作れるんだ?甘みが少ないといか無い?チャーシュー(煮豚)のタレです。豚の味が濃いです。お持ち帰り買ってよかった。

珍々亭お持ち帰り6

4玉茹でちゃいます。

珍々亭お持ち帰り7

盛り付け~ネギだけおまけトッピングにします。太い麺の表面が乾いてタレを吸いたがっています。

珍々亭お持ち帰り8

チャーシューを暖めるため麺の下にしまい、麺をざっくり返します。タレを吸った部分が濃い色になっています。これをさらに混ぜて油とタレとで照り照りしたところを啜り上げます。かぶりつきたい、まだ食べれない、マテと命令された犬の状態からやっと開放です。落ち着くまで少々食べます。

珍々亭お持ち帰り9

冷静に美味しさを感じられるようになったらラー油の登場です。このラー油はあまり辛くないのでたくさんかけても大丈夫です。香りがいいのでたくさんかけましょう。麺を啜ったり、メンマを摘んだり、ときどきネギだけを食べたり楽しいひとときです。ラー油を追加したり、途中で黒胡椒をかけたりラストスパートです。

珍々亭お持ち帰り10

最後は丼の底にたっぷりラードが溜まっている油をしごきながらチョロチョロ食べます。それにしてもたくさん油食べたな。というか飲んだな。体に悪いんだよな。でもこの美味さには抵抗できないね。と食べてしまったことを開き直りながら。

珍々亭お持ち帰り11

食べてしまうとあっというまで、はかないものです。あんなにたくさん麺があったのに。どこへ行ってしまったんだ?胃です。
しかし、美味いなぁ。店よりも夢中で食べられたので、珍々亭ってこんなに美味かったんだと再評価してしまいました。お持ち帰りは店ではできないトッピングなどの可能性も秘めています。外食できるようになっても自宅で珍々亭啜ってるかもしれません。

【2008/02/14 01:34】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム | 次ページ

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。