バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『富士宮でやきそばを食べる』
18切符のシーズンですね。暑さに負けず富士宮をウロウロしてきました。
富士宮2007焼そば1

今回の富士宮も目的はもちろん焼そばです。固めの麺をワシワシ食べましょう。過去にはごく普通の店の他に駄菓子屋系にも周りました。今回はテイクアウト系からスタート!駅南側のスーパー三軒のうちポテト野中店にはホロタチェーンが入っています。こういう店けっこう好きなんです。

富士宮2007焼そば2

イか入り焼そば(330円)は紙の箱に入ってきます。何でもプラのパッケージになった今嬉しいですね。昔の弁当は紙箱だったなぁ。

富士宮2007焼そば3

イカとキャベツをチャチャっと炒めてマルモの麺を追加します。油をひいてる様子は無しです。水をヤカンで注いでやっとジュワーとか言い出します。いくつか粉をかけてソースをかけてちょっと炒めたら出来上がりです。ソースははけでかけていたからお好み焼きと共通のソースかな。プール帰りに水をガブガブ飲みながらワシワシ食べたいですね。

富士宮2007焼そば4

イオン、ポテト、よどばしとスーパーを周って、次の焼そばは市役所の食堂です。市役所の入り口にはB-1グランプリで優勝した黄金の箸が飾ってありました。やきそば学会ががんばっていたのかと思っていましたが、富士宮市をあげての出場だったのですね。そして、役所内には富士山関係のものがたくさん。市名に富士と付くからここが富士山の近くなんだろうとは思っていました。しかし、二度の富士宮で富士山らしきものは見かけませんでした。どうなってるんだろう?東海道線や中央本線からは見たことがあります。

市役所の入り口すぐに食堂の案内がありました。案内には地元の食材を使ったメニューの紹介があります。役所で遊ぶってのが何か悪いことをしているようでワクワクします。ぜんぜん悪いこと無いんですけどね。まわりに首から名札を下げた仕事中の職員がいるとそんな気がします。7階の食堂の前に立つと、嫌な予感が…看板が、しかもでっかい看板があの牛丼の松屋なんです。食券の券売機にはやきそばが見つかりません。やられました…食堂の業者が変わったのかな?作るの簡単だからメニューにすればいいのに。

富士宮2007焼そば5

やきそばが無いということで、するが重を食べました。釜揚げ桜えびとしらすが乗ってます。意外と美味かった。

食べ終わっても体温を下げるためにしばらく休憩です。トイレも綺麗なので顔を洗ったりしました。さて次は市役所はす向かいにあるマルモ食品です。富士宮やきそばの麺といえばマルモですね

富士宮2007焼そば6

あらら、うどんとそばをご賞味くださいとのことです。

富士宮2007焼そば7

次は、食堂タイプのこんどうです。ドライカレーやきそばとモツ野菜炒めが珍しいので頼みました。

富士宮2007焼そば8

ドライカレーのドライはよく分かりませんでした。とにかく麺を投入後カレー粉をかけていました。麺をほぐすのは水ではなくラーメンのスープのようです。ラーメンをメニューに書いてて液体に色が薄茶色だったのでたぶんそうでしょう。濃い目の味でした。粉は鰹じゃなくて鰯のようです。

富士宮2007焼そば9

ホルモン野菜炒めは醤油味であっさりです。見たらわかると思いますが生の豚腸を使っていました。

連食は辛いのでユニーでカロリー消費してからくぼたへ

富士宮2007焼そば10

入り口すぐの食卓というか鉄板は先客二人で、奥に通されました。外見は普通の店ですが…

富士宮2007焼そば12

通されたのはほぼ住宅という和室。おばあちゃん家で昼飯を食べているようです。おばちゃん達はやきそばが出来上がるのを待ちながらくっちゃべってます。ボーイスカウトの話をしているようです。やきそばが出来上がると、ジョッキを片手にサワーらしきものをグビグビやりながら食べていました。良い感じですね。

富士宮2007焼そば12

やきそば

富士宮2007焼そば13

お好み焼き。平たい皿にしてくれ…

■お土産コーナー

富士宮2007焼そば15

各種やきそば材料!麺(マルモ、叶屋、荒川)荒川製麺については富士市だから富士宮を冠してはダメ?とにかく売ってるので買ってきました。肉かす。「かす」と言うにはもったいない。これが美味いのです。ミカチャン。

富士宮2007焼そば16

ソース各種。一番右のソースはなんと塩味です。どうなることやら。

富士宮2007焼そば14

この形は!富士宮は関係ありませんが黒はんぺんです。黒はんぺんを串かつにしました。串を刺してて気がついたのですが、Dの形の縦棒の部分が分厚くなっています。串が刺しやすいのです。おでんも串を刺すし、もしかして串用に成型してるのかな?

美味しいですよ。

富士宮2007焼そば17

塩焼そばを作ってみました。ぜんぜんソースっぽくないです。今一つかみ所が無い味。普通に美味いです。


スポンサーサイト
【2007/08/12 17:07】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(2) |
【PR】
『玉売りうどんの店のむら』
先日、秋津の良人までつけ麺を食べに行ったとき、小金井街道から所沢街道に入ってすぐのところに「手打ちうどん」と書かれたのぼりをしまいこんでるプレハブを発見しました。チャリを止めて観察してもそこから得られる情報は「生うどん」と「ゆでめん」と書かれた短冊のみ。営業してる気配はないし、今後営業するかを知る手段もありません。かといって気まぐれで開店したのはいいものの、面倒になってほったらかして辞めてしまったほど廃れてはいません。謎です。そういえば、店名も知ることができませんでした。何なんだこの店は?さぬき級に怪しいぞ。こういう店が美味かったりするんですよね。場所柄武蔵野うどんの地粉かもしれないし、後日調査しなければ。

つけ麺@良人(秋津)

つけ麺@良人(秋津)

東久留米の一長へ行く途中、怪しい店へ寄ってみました。何とちゃんと営業してるうどんの玉売りの店でした。売ってる商品は生うどん(1パック480円)と茹で麺(1玉100円)だけです。店内はシンプルでここで打ってるんでしょうね、麺切り包丁がころがってました。ということは讃岐でももう少ない包丁切りの麺です。ますます期待しちゃいます。1パックで二人分だと店のおじさんが言うので生うどんを1パック買うことにしました。うどん玉で480円という金額はかなり高額だと思います。出てきたうどんは既に紙に包まれてプラのパックに入っていてどれくらいの量なのかはわかりません。パックはそれほど大きくないです。もしかしてこの店、高いのか?心配になります。茹で麺の量と1パックの関係もよく分からないです。茹でてない分、生めんの方が安いのかな?つまり5玉分?謎の多い店です。

一長でうどんを食べた後、家に帰って麺を茹でてみました。パックを開くと、やってくれました、地粉でした!バカヅキヤー!麺の状態もいい感じです。
茹で時間は10分です。おじさんの指示に反してさし水はしないで茹でます。茹で始めて数分すると麺の角がいい感じになってきます。早く食べたいところを我慢して9分すぎ、ちょっと早めで麺をあげて冷水で3回洗いながら絞めました。冷水でしめると一気に麺が生きてきます。エッジもすばらしいです。心配していた量も1パックで大盛り二人前くらいありました。打つ前の小麦にして400g程度でしょうか。

食べてみると、歯ごたえはちょうどよいです。香りが良く強いです。さぬきのASWとは違う美味しさを楽しめます。麺の太さがかなり揃ってます。おじさん、包丁切りなのにロボットのような精度です。疑ってごめんなさい。

もらったうどんの茹で方の紙片から店の名前は「のむら」ということが分かりました。また、店の中の短冊に月曜が休みと書いてありました。そういえば秋津へ行った日は月曜でした。この二点は店の外側から分かるようになっていたら月曜日いろいろ考え込まなかったのに。おじさんたのんます。

手打ちうどん のむら1

手打ちうどん のむら2

手打ちうどん のむら3

手打ちうどん のむら4

手打ちうどん のむら5

武蔵野うどんって角萬のそばより色が濃いかも…

手打ちうどん のむら6


【2007/06/02 18:46】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『武蔵野うどん@一長』
もう一年以上食べてない武蔵野うどんです。多摩湖自転車道や新青梅街道をチャリで走って前に何度か「きくや」や「小島屋」などの武蔵野うどんめぐりをしていました。今日は小平・東村山方面ではなく東久留米です。東久留米の「一長」では東久留米産の小麦、柳久保小麦で打ったうどんを出すのです。なんとローカルなうどんなんでしょう。体験せずにはいられませんね。金・土限定なので柳久保小麦目当ての人はお間違えのないように。

武蔵野うどん一長1

武蔵野うどん一長2

肉汁うどん(4玉)です。肉汁の入れ物といい朱塗りの器といいきくやのようですね。麺は太いのあり薄いのありで手打ち感があります。エッジもちゃんと立ってます。まず、麺だけで食べてみました。あれれ、うっすら塩が残ってる。肉汁に付けたら分からないくらいだけど。あぁ久しぶりの武蔵野うどん美味いです。4玉は一瞬で消えてしまいました。頼んだものが出てくるまで、麺を茹でてるおじさんが「はい、肉汁7玉!」とか声を出してました。やっぱり、そんくらい食べないと食べた気しないよね。でもしょうがない4玉なのです。この店に到着する前にお楽しみを買ってしまったので。
ところで、柳久保小麦の味はどうだったかというと…普通のとの違いがわかりません。両方並べて食べないと。いや、並べてもわからない?でもいいのです。ローカルなことが重要なので。二つの粉の一番分かりやすい違いは値段かも。普通の粉は1玉加えることに50円アップします。柳久保はなんと120円。ハレの麺ですね。

武蔵野うどん一長3

お昼ごろだったので、客が切れません。お持ち帰りコーナーにも並んでます。うどんは茹でるのに時間がかかるのです。

東久留米麦畑

東久留米からの帰り道、フラフラと住宅街の方へ寄り道すると…ちょこちょこと麦畑がありました。これが武蔵野なんですかねぇ。良いねぇ。

■ 関連ログ
武蔵野うどん

【2007/06/02 17:00】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『栃木のご当地グルメ』
18切符の食べる旅は続きます。水戸から佐野に入りました。佐野○○といえばまずラーメンでしょう。今回はもう既に朝から昼にかけて麺類を二杯も食べています。しかも、片っぽは油っこく、もうひとつは大盛りでした。佐野には隠れていませんがあまり目立たないいもフライというものがあります。そう、文字通りじゃがいもに衣を付けて揚げただけです。でもいいんです。ご当地なんですから。いもフライ食べ歩きには便利なマップが用意されています。また、佐野厄除大師の向かいにある物産では紙のマップがあります。それを手に持って周りましょう。
佐野は広いです。駅前に安いレンタサイクルがあるおでそれを利用しましょう。

佐野いもフライいでい1

佐野いもフライいでい2

いでい焼きそば店。店の正面ではなく勝手口のようなところからおばちゃんとコンタクトします。そこからは作ってる様子も見れて楽しいです。手前には店で使ってるものなのか、近所の人が買って帰るのか、地ソースを売ってます。早速おばちゃんにいもフライ2本を頼むと既に揚がってるものには手をつけず、わざわざ新規で揚げてくれました。じゃがいもの香りがいいです。コロッケよりもいもいもしいです。しかも安い。なんと一本70円(四月からは10円上がります)なのです。近所にこんな店があったら、いもフライ片手にビールグビグビですね。炭水化物と油とビール。なんてメタボなんでしょう。この店はベンチがあるのでその場で食べられます。

佐野いもフライおおにし1

佐野いもフライおおにし2

おおにし。いでいのすぐ近くです。この店は私が到着した時点では油に火が入っていませんでした。まずい。たった串数本のために火を入れてもらうなんて…そこに車が一台やってきました。どうやら車で買出しのようです。助かった…注文はいもフライとイカフライにしました。イカフライがあって助かりました。この後もいもばかりなのです。味の方はこちらも美味いです。この店も近所にあったら困ります。なんたってイカフライまであるんですから。(店では食べる場所ないです)

お土産に地ソースを買って帰りましょう。家でいもフライを作っても地ソースを使ってるというだけでご当地度がアップします。

佐野でいもフライを食べた後は栃木に戻っていも焼そばです。栃木も駅近くに安いレンタサイクルを借りましょう。栃木は古い町並みを見ることができるのでチャリで散策してから焼そばに行きます。途中福田屋という百貨店に入っているスーパーに寄ります。特に栃木らしいとは感じません。お惣菜の焼そばを見てもじゃがいも入ってなかったし。内陸なので地元の魚介があるわけでもないし。

栃木やきそば大豆生田1

栃木やきそば大豆生田2

大豆生田商店で焼そばを食べます。300円なのにけっこうな盛です。味も良いです。特に感激するものではありませが、近くに来たらまた寄ります。店内のテレビではもう夕方のニュースをやっています。帰らないと。

【2007/04/13 00:43】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『水戸のご当地グルメ』
18切符で行ったことの無いところへ行ってみようということで、東京近郊ながら飯を食うためだけに電車代を払ってまでは行かない水戸から佐野へと周ってみました。
水戸と言えば納豆ですね。そんなことも頭の片隅に記憶しておいて…最近の情報をgoogleさんに聞いてみると、水戸にはつけけんちんそばなるものがあるそうです。それとスタミナラーメン。そのれ冷たい版のスタミナ冷しというのがあるようです。さてどの店に行くかな、行くなら元祖なり有名店は食べとかないとな、とネットでいろいろ調べた結果、交通の便があまりよくないところばかりに有名店があります。車移動が常識の地域なのでしょうね。ということで選り好みすることなく水戸駅から歩いていける「えるびす」と「黄門そば」となりました。両店の名誉のために書きますが、どちらも評判は良いので水戸駅近くにあってくれて助かりました。
水戸に着いたのは11時前です。黄門そばはまだ準備中です。朝飯を抜いてきてるので盛のいい黄門そばを食べたかったのですが、えるびす(開店時間不明)を覗いてみました。脱線しますが、水戸駅からえるびすまではウネウネと回り道をしてみましたがスーパーらしきものがありません。はしごの間にスーパーを回れないのは胃に負担です。厳しい。えるびすは11時前でも開いてました。客はいません。あらかじめ調べていたのでメニューに冷しが無くても気にせず頼みました。待っている間、壁のメニューを見ていると「お江戸のイタリアン」と銘打った油そばがありました。スタミナ冷しを食べてから油は食えない。実に悔しい。お江戸のイタリアンは厳しく言えば、お江戸ではなく武蔵野、イタリアンではなく拌麺、だけど店のコピーの方が面白から良いです。

スタミナ冷し@えるびす

味の方は油がすごいです。レバーがたっぷり入ってるところが良いのかな?味は薄いというか餡(タレ)が少ないというか、餡がもっと麺に絡めば調度いいです。しかし油っこい。別の店も試してみないと。

間髪いれずに黄門そばに向かいます。建物にでっかく黄門そばと書いてあるので絶対間違えないはずです。が、二階の店へ上る階段に一歩進むと、香港の裏口階段のような殺伐とした雰囲気で不安になります。店に入ると開店してすぐというのにけっこう客が入っています。スタミナ冷しでけっこうウップという状態で普通盛を食べました。後半けっこう辛かったです。麺はごっつい系で角萬くらいです。そばの香りがしっかりします。つけめんで食べるのであれば、けんちんの方はもっと味を濃くしてもらいたいです。えるびすの直後だからそう感じたのかもしれませんが。

黄門そば

胃が揺れるのを感じながら駅前のLIVINで食材をみます。特に特長はないかなぁ。あえて言えば、うちの近所のスーパーの納豆棚の方が盛りだくさんです。納豆タワーを見たかったです。
【2007/04/12 23:31】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム | 次ページ

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。