バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『特製油ラーメン@珍来亭』
珍来亭のとくあぶ

油そばシリースで吉祥寺の珍来亭へ行って来ました。油そばシリーズってことで行ったのですが、メニューでは油ラーメン、食べたのはその豪華版、特製油ラーメンです。油そばでは無かったです。スープが少ないから油そば系扱いなのでしょうか。
ちょうどお昼ごろ、店は常連さん達が来ます。店の人も元気がよく気持ちがいいです。常連さんと地元の女子高の話をしています。特製油そばを注文すると「とくあぶぅ~」と元気の良い声が聞こえます。狭い店内ですが場末感やせこい雰囲気はありません。気持ちいいです。
先の常連のラーメンがあったので若干時間がかかってわれわれの油ラーメンの登場です。油そばにない綺麗な状態で供されるので「登場」です。背の低い丼にスープの少ないラーメン状態で出てきます。表面の透明層と醤油スープの間が綺麗です。麺は縮れてる太い麺です。生卵が乗っています。まずはスープを絡めてプレーンの味を楽しみます。その後丼の端っこにいる生卵を箸で麺の上に乗せます。麺にからめようとしますが生の白身部分はツルンとしてがっちりからみません。がんばってからめましょう。
味の方は、油そばの覚悟である「体に悪いんだろうなぁ」って感じがなく気品高い(いいすぎか?)です。ギトギト感はまったくなくどんどん食べられます。食べてる間は生卵を絡めることばかり気になります。モチモチの麺にしっかりしたスープは卵かけご飯と例える人がいます。が、それをいうなら小麦麺なので釜玉でしょう。でも、釜玉でもないです。油ラーメンには蓮華がついてきます。油そばではありえません。スープを飲めるということでしょう。出されたときは表面に透明な層ができていたので、油だねぇと思っていましたが油じゃないです。蓮華でスープをすくっても油は普通のラーメンのように玉状になっています。あまり体の心配をすることなく飲めるということだと思います。うだうだ書きましたか要するに美味いんです。不満があるとしたら他の油系同様麺の量でしょう。でもこれはこちらが悪いんです。油系は美味いととにかく麺を喉から胃へグイグイと押し込みたくなるからです。

スポンサーサイト
【2006/10/31 23:45】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『歯磨き粉絞り器』
歯磨き粉搾り

香港の新聞でへんてこな記事を見かけたのでやってみました。
歯磨き粉は使い始めの頃は軽快に使えてストレスがありませんが、ペーストの量が減ってくると使うたびにチューブをしごいてペーストを寄せ集めないといけません。ストレスが溜まります。そんな状態の歯磨き粉は捨ててしまうから関係ないという人は…もったいないですよ。
さて、どうするかと言えば、もう写真のとおりなのですが、ビニール紐にひっかける取っ手を二つ使って輪ゴムでくっつけるだけです。やってみましたが輪ゴムの力はたいして強くないので、そこをテコの軸として指で取っ手をつまんでやります。使えなくは無いです。
実はうちでは回転式の絞り器を使っているので、そっちを使います。回転式はペーストの入っていないベロベロの部分を巻き込んで収納してくれます。
【2006/10/30 22:12】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『焼き〆サンマ』
焼き〆サンマ

サンマの寿司を作ったついでというか、サンマを酢でしめるさいに多めに作って焼いてみました。焼き鯖寿司の具だけのサンマ版というところです。朝ごはんに白飯と食べて美味しかったです。日本酒や焼酎でやっても良さそうです。
【2006/10/30 21:45】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『さんま寿司その3』
さんま棒寿司

サンマ寿司 ver.3

スーパーに行くと「そろそろ終わり」と半分脅しのような売り文句で秋刀魚を売っていました。ということでまたもやサンマです。北海道、宮城と買いましたが千葉のは買っていません。雁屋哲のいうぶっといサンマ(※)はまだ見てないのだけれども、その前に終わりということなんでしょうか。ぶっといの食べたい。
今回は高知の朝市で見た鯖すしのように棒寿司タイプにしてみました。作り方はまったく同じです。前はタッパに酢〆秋刀魚を並べてから酢飯をギュウギュウと詰めたのを、今回はラップで包んでギュウギュウとしたのが違うくらいでしょうか。いずれにしても浅くしめたサンマの寿司は美味しいです。今年最後のサンマ寿司かな。

※美味しんぼ塾 第二章第三講 秋の味覚
【2006/10/30 21:34】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『納豆トースト』
納豆トースト

いろいろな納豆トーストがありますが、これの特徴は鰹節やネギなど和のアレンジを加えるのではなく、ウスターソースという武器を使います。とは言ってもイギリスのウスターではなく純和製ウスターなのですが。けっこう美味しかったので作り方を書いておきます。
納豆1パックを開け、付いてくるからし、ウスターソース2t、醤油1/2t、マヨネーズ1tを入れてしつこくこねます。それを薄い食パン1枚に塗りとろけるチーズを1枚乗せます。これをオーブントースターで焼いたらできあがりです。
【2006/10/30 21:19】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『プルタク』
プルタック

韓国の辛い焼き鳥を作ってみました。しかし韓国語のカタカナ表記はやっかいです。プルタックかプルタクと書きますがいずれにしろクは小さいからプルタッがいいのかな。
この料理はソウルで買った激辛料理の本に載っていました。ハングルで書かれていますが excite の翻訳機能を使えばほぼ読めます。でも100%ではありません。チョンヤンコチュジャンやチョンヤン唐辛子という謎の調味料がありました。インターネットはすごいもんです。こんな謎も検索一発で解いてくれました。唐辛子の中でも辛くて有名な唐辛子とのことでした。日本でしかも自宅でそんな特殊なもの使わなくてもOKです。
いざ作ってみようと食材を集めていたら、韓国で買ってきた辛い(メウン)コチュジャンのパッケージにチョンヤンの文字が!なんという偶然。辛いものは買っておくべきですね。
激辛コチュジャン

作り方は簡単で、鶏もも肉を蒸して火を通してから一口サイズに切ります。それとヤンニョムジャン(合わせ調味料)をフライパンで炒めたらできあがりです。が、本に従わず事前に火を通す作業を省きました。火を通した肉を焼いてもしょうがないだろうと思ったからです。やっぱり本に従わないといけません。ヤンニョムジャンは焦げやすかったのです。肉に火が通る前にコゲコゲになっちゃいます。急遽マリネしてあった肉を電子レンジで火を通してから焼肉用の鉄板で焼きました。肉汁とかでヤンニョムジャンが薄まっています。いかんです。次は本のとおりに作ってみます。
【2006/10/28 22:48】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『インスタント四川チャヂャン』
インスタント四川チャヂャン

韓国で買ってきた四川チャヂャンを食べてみました。以前書いたチャヂャンを少し辛くしたから四川なんでしょうか。これは主にカレーのようにしてご飯にかけて食べるタイプです。パッケージの裏側には焼肉の味付けとしても良いと書いてあるので絶対ご飯にかけるというわけではありません。感激するほどではありません。まあまあ美味しいです。チャヂャンの癖になる美味さというよりは普通に美味しいです。
インスタントラーメン版の四川チャヂャンもあります。インスタント四川チャヂャン2


【2006/10/26 23:36】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『出前一丁極辛豬骨湯麺』
久しぶりに美味しいインスタントラーメンネタです。これは香港日清の出前一丁極辛豬骨湯麺です。うちは収集量の関係でパッケージが変わらない限り二度買うことが無いのですが、香港に行くとこれだけは買って帰ります。どんなラーメンかといば、日本でも日清がとんがらし麺の名前で出している唐辛子を練りこんでいる麺と豚骨スープ、そしてラー油がたっぷりです。熱いスープから上がってくるラー油のごま油の香りもいいです。例によって名前の「極辛」は「極」が付くほど辛くは無いです。韓国の辛ラーメンより辛く無いです。唐辛子の辛さが苦手な香港人には辛いのかもしれません。これが「極」だとしたら韓国のトゥンセラミョンはどう称するんだ?食べてもらいたいなぁ…



香港版とんがらし麺

麺に唐辛子が練りこんであります。



日本で売られていたとんがらし麺。最近はカップでのみ、しかもたまに売られています。辛いもの好きには好評ですね。

【2006/10/25 11:20】 美味しかった袋ラーメン | トラックバック(2) | コメント(0) |
【PR】
『羊奶奶茶』
羊のミルクティー

東アジアのコーヒー・紅茶は三合一(3in1)という茶+砂糖+粉ミルクが混ざった粉末になったインスタントがメジャーです。この写真は数年前に台北でかった羊乳(英語表記は Goat だから山羊か?)のミルクティーです。美味いか不味いか、喜ばれるか嫌われるか分かりませんが珍しいから半分冗談で土産で買って帰りました。パッケージもいいですね。(他の人がどう感じたかは知りませんが)これがけっこう美味いんです。その次の年、また台北へ行く機会があったので探したんですが、見つかりません。その後も何度か台北で探したのですがダメです。どうなっちゃたんでしょう。
【2006/10/24 21:28】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『三杯小捲』
三杯小捲

三杯鶏でホーリーバジルが余ったので、スーパーに良いイカが入っていたのでイカバージョンを作ってみました。作り方はピーマンを追加しただけで後はまったく同じです。この料理の名前の「三杯」は前に書いたとおりです、「小捲」の方はよくわかりません。
味は鶏の方が美味いと思います。材料代もかわらないし次作るなら鶏ですね。バジルはどうでしょう。スイートバジルとホーリーバジルじゃ香りが違いますが、これだけ醤油が強いといいんじゃないの?ってことでスイートバジルでやってみようかな。プランターで育ってるからお金かからないし。<それが重要(笑)
【2006/10/24 21:09】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『とうがらしうめ茶』
とうがらしうめ茶

ようするに昆布茶に唐辛子と梅が入ってるだけなのですが、美味いです。唐辛子が喉でヒリヒリして気持ちいいです。呑んだ後にもよいです。もらい物でパッケージにも特に何も書いてないのでどこのメーカー分かりません。いくらなんだろう?
【2006/10/24 20:43】 辛い食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『三杯鶏』
三杯鶏の名前の由来がごま油、醤油、酒がそれぞれ一杯ずつとのことなのですが、本場の台湾で買ってきた料理本も、インターネットで探したレシピも一杯ずつじゃありませんでした。三杯鶏を作るためにホーリーバジルを買ってきていたので迷ってはいられません。基本?にしたがって一杯ずつとしました。鶏もも一枚、調味料各40ccで、にんにくはたっぷりです。しょうがは後で食べやすいように薄く切るのがいいでしょう。
三杯鶏1

三杯鶏2

三杯鶏3

三杯鶏4

三杯鶏5

簡単でかなり美味いです。ご飯を炊かなかったのが悔やまれます。酒のあてのつもりで作ってしまいました。これは酒よりもご飯です。油たっぷりの残り汁ですが、ご飯にかけても美味そうだし、麺にかけてもよさそうです。死ぬのが怖いので汁は捨てました。
【2006/10/23 22:44】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『栃尾のあぶらげ祭』
栃尾のあぶらげ祭

今年は22日が栃尾のあぶらげ祭でした。あぶらげで有名な栃尾で畳より大きいんじゃないかという豆腐を使ってあぶらげを作ります。このために東京から行くのにはなみなみならぬやる気が必要です。気分を高めてみましたが今年も無理でした。残念。ということで今年は自宅でミニあぶらげ祭です。スーパーで栃尾のあぶらげを買ってきました。あぶらげのお腹を開いてネギ味噌を塗ってオーブントースターで焼きます。美味いですよ。
【2006/10/23 22:34】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『トム・カー・ガイ』
もう何年前になるでしょうか、とにかくかなり前に入ったタイ料理屋でのことです。その店は調理場が外からよく見えたので覗いていると、グリーンカレーのペーストが入った袋をしごいてちょっとも残さないようにしていました。ペーストの袋はアジア食材店や高級レストランでよく見かけるやつの大きい版でした。あらまぁ店でもあのペーストを使ってるんね。変な自信がわきました。あのペーストを使っていたし美味いと思っていたので。ちなみに別なものを頼みました…家で作れることがわかったので…
今回はトム・カー・ガイのペーストです。こっちはちょっと不安です。タイは何度も行ってますがこれを食べたことが無いのです。とにかくパッケージの裏に書いてあるとおりに作ってみました。
トム・カー・ペースト

トム・カー・ガイ

こんなもんでいいのでしょうか。一度タイで食べないといけないですね。ところでタイでトム・カー・ガイって日常食なのでしょうか。
【2006/10/23 22:23】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『ビール造りを体験できる』
先日もらった茨城の観光PRチラシにビール造り体験というのがありました。そういえば、ずいぶん前に Tonight2 か何かの番組で観たなということでちょっと調べてみました。大人の遊びとしてはお手ごろな値段で、しかも後々お宝が送られてくる。管理はプロがやってくれるし、なんと言っても合法。

キリン横浜ビアビレッジ
045-503-8289
・1グループ4名様の場合…お1人様 3,300円
・1グループ5名様の場合…お1人様 2,900円
・1グループ6名様の場合…お1人様 2,600円
(ビール代、昼食代含む・税込)

常陸野ネストビール
木内酒造
029-298-0105
大正時代の蔵を改装した工房で、自分だけのオリジナルビール造り体験ができます。
モルトマッシング製法 15l 中ビン45本 23,625円~
ウォート製法 15l 中ビン45本 18,900円~

体験工房 手づくり麦酒
有限会社 カナディアンブルワリー
札幌市東区北26条東1丁目3番8号
軟石の石蔵を改装した店内は、開放的な空間が広がっており、1階が醸造スペース、2階は出来立てのビールと各種フードが楽しめるビアホール。軟石の壁、木の床、そしてほんのり明るい照明が雰囲気を醸し出し、とても落ち着く店内です。

#我が家には何故かビール醗酵用のバケツがあります。
【2006/10/23 15:28】 資料集 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『インド料理もどきで飲む』
いわゆるインド料理というものもたまに作りますが、実はインドには行ったことが無いです。日本のインド・パキスタン・ネパールレストランや料理本か、香港のチョンキン・マンションで食べたものがベースになっています。海外の日本食でも残念なものが多いので、どんなもんなんでしょう。
呑みたいので米にあわせるものは要りません。つまみになるのが一番ですということでいろいろ作ってみました。
じゃがいもとキャベツのサブジ

じゃがいもとキャベツのサブジ:スパイスとじゃがいもはよく合います。

にがうりのサブジ

にがうりのサブジ:チョンキン・マンションで食べて以来のお気に入りです。うちは油控えめです。

ラム肉を使ったケバブ

ラム肉のケバブ:ラム肉の挽肉って売ってないので包丁で叩きまくります。スパイスをたっぷり使ってつくねのようにして焼きます。

インド風ローストチキン

インド風ローストチキン:レヌ・アロラさんのレシピです。粉スパイスの他にミント、生の唐辛子とヨーグルトを使います。タンドリーチキンとはぜんぜん違います。
【2006/10/22 15:05】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『チキンラーメンどんぶり』
チキラーどんぶりたち吉1

最近、日清がまたチキンラーメンのどんぶりセットを出しました。CMで使ったのが始まりで、プレゼントで反響があって、とうとう一般販売となったしだいです。それが今度で何度目でしょう。そろそろみんな飽きてきたのでは?チキンラーメンミニのマグカップセットにいたっては近所のスーパーで売れ残り割引されていたし…
しかし、ラー袋コレクターとしては放ってはいられません。また買っちゃいました。蓋のイラストも今までのと同じなので、在庫処分かと思っていたのですが、よく見ると違っていたので新しく作ったようです。今度はたち吉製とのことです。Maid in China であることには変わりませんが。

チキラーどんぶりたち吉2

手元にある同様なチキラーの企画を集めてみました。一個だけ土鍋です。あとはどんぶり。
【2006/10/22 14:38】 美味しかった袋ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『里美かかし祭』
しし鍋実演

11/3日から行われる里美かかし祭のチラシです。地元の猪を使ったしし鍋をやるとのことで面白そうです。が、チラシには「9時から会場にて解体の実演」とあります。まじですか?ホラーショーにならなければよいのですが…にわとりならともかく…
【2006/10/22 12:38】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『三段ベッド』
香港人の写真ブログでみつけたとても楽しくて可愛らしい猫の写真です。



白猫の頭の上には「寝てます。起こさないでね。」と貼り紙がしてあります。

cloudless :: a photoblog in hong kong

コメントによると深水歩の蛇料理屋に居るそうです。
【2006/10/22 11:51】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『アジア食材店』
錦糸町に用事があったのでついでに食材店に寄ってきました。やおしょうという店で店先には野菜や香草類、店内にはスパイス、調味料、冷凍食品など売っています。歌舞伎町や外国人の多い町によくある食材店と同様です。タイ料理などのアジア系や中華料理など、ちょっと香菜を使いたくとも高級スーパーなどで食材を買うと思いのほか高価な料理になってしまいます。やっぱり専門の食材店に限ります。今日は明日使う予定のホーリーバジルと冷凍できるバイマクルー、よく使うパクチーを買ってきました。パクチーあたりはプランターで細ネギ感覚で育てるのがよいのかもしれません。
やおしょう1

やおしょう2

やおしょう3

やおしょう4


【2006/10/22 02:23】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『ラーメン二郎にお兄さんがいたか?』
ラーメン花月太郎

油そばがあるというのでラーメン花月へ行ってきました。出てくるまでチラシを見ていると「ラーメン太郎」なるものが…超ワイルドな太麺のガッツリ系とのことです。これってラーメン二郎のパクリ?慶応ボーイならぬ腹ぺこボーイ御用達だそうです。

ニヤリ、チラシのさらに下を見ると今度は

ラーメン花月道豚堀

道豚堀?そんでもって白菜。大阪で白菜といえば歌舞伎町にも進出した神座?3回食べたらハマるでぇ~というところも神座らしいですね。

あちゃ~
【2006/10/21 21:48】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『もんじゃ?油そば?』
ラーメン花月もんじゃそば四代目

ラーメン花月で油そばを出しているというので食べてきました。「もんじゃそば四代目」という名前がついていました。まったくもって謎です。出すまで少々時間がかかると言われましたが、店内には文字がたくさんあるので読んでいると待っているのも退屈ではありません。突っ込みどころもあるし。
さて味の方は、とにかく酸っぱい。酸っぱい以外もあまりよろしくないです。具もよろしくありません。店舗が多いだけに、これを食べて油そばってこんなもんかと勘違いされるのが心配です。

【2006/10/21 21:25】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『台北の駅弁』
台湾鉄道、台北駅では特別な駅弁を売っています。通常の紙箱入りもありますが、特別なものは金属製の箱で袋入りで売っています。けっこう人気があるようで売り出すと早く売り切れるようです。のんびりしていると買いそびれます。弁当の中身はといえば、具はほぼ通常版と同じです。ご飯がかなり違います。通常版が白飯なのに対して特別版は蝦米のだしの炊き込み御飯なのでかなり美味しいです。弁当箱はぜひ日本に持ち帰りたいので旅の場合は最終日、しかも帰りの飛行機待ちで食べるのが都合いいです。具に豚肉がでーんと入っているので、成田に持ち帰ろうとしても「お肉探知犬」にやられてしまうでしょう。犬に吠えられたら、その場で食べる?
数年前、京王デパートの駅弁フェアにもこの駅弁が出店していました。どんなもんだろうと昼過ぎに行くと売り切れでした。大人気で午前中に売り切れるとのことでした。
台鉄弁当1

こんな鞄に入ってました。

台鉄弁当2

かばんには昔の十分駅のイラストがあります。

台鉄弁当3

金属の弁当箱。蓋にも十分駅のイラストがありました。

台鉄弁当4

蓋を開けると中蓋があって、中蓋におかず。本体に炊き込み御飯が入っています。

台鉄弁当5

食べる前。ひゃ~うまそう
【2006/10/20 16:25】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『飲食店の名刺』
韓国のマグネット1

韓国のマグネット2

韓国のマグネット3

日本の飲食店ではレジによく店の名刺を置いています。行った店を覚えておくのに便利だし、なかなかデザインもいいです。海外でも名刺を置いているところがけっこうあるので、もらってきます。無ければ店の名前が入ってる伝票とかももらうことがあります。韓国では名刺ではなくて冷蔵庫に貼れるマグネットシートを置いているところがけっこうありました。名刺の半分くらいの大きさに楽しいデザインで宣伝が描いてあります。韓国の飲食店の看板もそうですが、店で出しているものの写真が印刷されていたりします。韓国も出前文化があるので冷蔵庫に貼るのはいいアイデアだと思います。昔日本ではマッチを置いてる店がありましたが、それより効果ありそうですね。
日本のマグネット1

日本でも同様なものがありました。映画のチケットくらいのサイズの紙に幅1cmくらいのマグネットシートが貼ってありました。耐久性、デザイン、もらうなら韓国のがいいです。
【2006/10/20 00:28】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『鶏とご飯』
手抜きチキンライス

マラッカのボール型のチキンライスのページを見ていたら鶏のだしが脳に刺さりました。ということで今夜はチキンライスです。ケチャップご飯じゃなくてタイからシンガポールまででよく見られるやつです。タイのカオマンガイです。
チキンライスは簡単に作れるのに美味しいのでいいですね。鶏の茹で汁でニンニクと炒めた米を炊くだけです。味付けはアジア風のタレを作るのは面倒なので、ごま油と醤油だけです。
【2006/10/19 23:55】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『魯肉飯+鶏肉飯』
魯肉飯から鶏肉飯

先日作った魯肉飯の汁を有効活用するため鶏肉飯を作りました。と書く予定だったのですが、汁を冷蔵個から出してびっくり、数日でカビが生えてしまいました。冷凍庫に保存しておいた魯肉飯用の滷肉を使うことにしました。これが大正解、びっくりするくらい美味しくできました。
ところでこの滷肉、簡単に説明されるときは「豚肉を醤油で煮込んだもの」的になるのですが、日本にも同様なものはあります。しかし、味はまったく違い、一口食べると台湾だ!とわかります。たまねぎですね。たまねぎ。日本のたまねぎじゃだめなんでしょう。台湾のたまねぎをカリカリに揚げたものが味を作ってるんですね。台湾のスーパーではカリカリを売っているので料理をする人は買って帰ると帰国後も楽しめます。
【2006/10/18 22:40】 自作料理 | トラックバック(1) | コメント(0) |
【PR】
『続々・台湾の月餅』
塩水の月餅たち

台湾は台南県の塩水から中秋の月餅を送ってもらいました。たしかに一般的に想像する茶色い皮ではなく、太陽餅のような生地でした。サイズもいつものより小さいです。これについては送ってくれるために小さいのを買ってくれたのかもしれませんが…

月餅(蛋黄酥)

蛋黄酥:こしあんと卵の黄身の塩漬けが入っています。中秋ということで満月を模してるんですね。これが一番好きです。

月餅(梅露)

梅露:あんが緑色なので緑豆のあんかと思いきや梅味でした。
月餅(桂花)

桂花:ジャスミンの花が入ってます
【2006/10/17 17:04】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『スパイスたっぷり餃子』
餃子用スパイスA

西安で食べた羊包子があまりにも美味すぎたので、西安のスーパーで見つけた餃子包子用のスパイスを買ってきました。餃子用スパイス?日本にはこんな商品無いですね。パッケージの裏を見ると11種類のスパイスが調合されています。封を切るとスパイスの香りが脳に刺さります。
使ってみました。羊肉を買いに行くのが面倒だったので家から歩いてすぐのスーパーの豚肉を使います。中華包丁で腕をパンパンにしながら挽肉にします。調味料とスパイスを加えてこねまくります。さらにセロリをみじん切りにしたものを加えてこねまくります。

スパイス餃子1

卵、春雨の水餃子。相変わらず皮作りは難しいです。

スパイス餃子2

メインのセロリ餃子

スパイス餃子3

生地があまったので急遽作った、ツナ缶+粉チーズ+トマトピューレの餃子。とセロリ餃子。両方とも焼いてます。
【2006/10/17 15:00】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『中国のインスタントラーメン記事』
りんご日報2005.9.30

2005年9月30日のりんご日報の記事です。河北省刑台市のとある小さなインスタントラーメン工場を取材したところ…
揚げ油は万年油、調味料の油は死んだ豚肉から作っているなどよろしくない状況であったとのこと。一つの小さな工場だけを見て全体を話すのは馬鹿げてますが…あまり食べたくなくなりますね。
質の悪いインスタント麺を食べると胃腸炎になるとも書いてありました。
【2006/10/16 16:28】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『鶏辣椒』
鶏辣椒

10月15日、うるるんを観ていると、もう麻婆豆腐がたまりません。あぁ食べたい。あぁ食べたい。麻で辣なものを食べたい。冷蔵庫から出てきました。拌面のタレ「鶏辣椒」が出てきました。これを茹でた乾麺にかけて醤油とラー油で味を調整します。
辛うま。精神的には癒されました。が、またカロリーオーバーです。
【2006/10/15 23:20】 辛い食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム | 次ページ

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。