バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『油そば@吉祥寺ぶぶか』
油そばブーム?のころからやたら目立っていた吉祥寺ぶぶか。久しぶりに行って見ました。ハードディスクが壊れてぶぶかの写真が消えてしまったのです。
油そば@吉祥寺ぶぶか

平日の夕方前、日本では昼食でも夕食でもおやつでもない時間に行きました。さすがに行列はできてなくすんなり席につけました。先客は一人、やはり油そばを食べていました。味の方は、ごま油が強いです。豚のパワーは無いです。サッパリはしていませんが、油がサラっとした感じです。くどさが足りません。ということは日清のラーメン屋さんで油そばを作るときにごま油増量すればサラっと系を作れそうです。うちらが食べてる間、後から入ってきた客はラーメンを注文しました。作っているのを見ていると、準備している丼に背油をチャッチャしはじめるじゃ無いですか…背油あるんなら油そばに入れるか、オプションで選択させればいいのに。キムチをのっけてる場合じゃないのでは?個人的には背油よりごま油をやめてくれた方がいいけど。
スポンサーサイト
【2007/04/24 19:22】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『市役所でも油そば』
さすが珍珍亭のある武蔵野市、市役所の食堂にも油そばがありました。しかも普通の店のメニューでは油そばというものはありますが、ここではさらに何味にするかを選択ができます。

油そば@武蔵野市役所1

醤油とおそらくよその店では出してないであろう味噌マヨにしてみました。食堂のレジでお姉さんにそう伝えると、システムの分からないうちらに丁寧に案内してくれました。市役所の中で民間レベルサービスを感じた瞬間でした。(食堂は外部の業者だからあたりまえ?)

油そば@武蔵野市役所2

しっかりとしたマヨネーズ味です。完成度は日清のラーメン屋さんを使った油そば級でしょうか。学食や食堂ではよいレベルなのでは?亜細亜大の学食油そばは…いずれにしろ周りで油そばを食べてる人はいませんでした。

油そば@武蔵野市役所3

油そば@武蔵野市役所4

周りで食べてる弁当がうまそうだったなぁ。今度は弁当にしてみます。それ以外で面白そうなのは辛辛シリーズ。しかもPart2となっています。好評だったのでしょうか。辛いと言われると試したくなるのが人の心情ってもんじゃないでしょうか。試しました。青唐辛子チャーハンとデンジャラスカレーのチャーハンのほうを。なかなか美味いです。唐辛子が入ると美味くなりますね。唐辛子自体はそんなに辛くないのでワシワシほうばれます。そういえばココのチャーハン、たくさん作り置きしておいて盛るだけかと思いきや、注文ごとにがんばって作っていました。
【2007/04/24 18:57】 油そば | トラックバック(1) | コメント(0) |
【PR】
『油そば@にな川』
油そば@にな川

武蔵境の駅から近く油そばを食べられる店の一つ「にな川」です。近所にはちょい有名な麻婆豆腐を出す店やラーメンランキングの上位常連のきら星などがあります。にな川は通り過ぎちゃいますね。
ここの油そばはデフォで酢が入っています。酢は入れない派なので味の方は何とも言えません。麺は太いので良いです。
まだ油そばってものを食べたこと無いし、駅から近いから、にな川で油そばでも体験してみるか!という場合、もうちょっと歩くのがんばって珍珍亭で食べた方が油そばを理解できると思います。
【2007/04/23 23:35】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『ブラックデーには食べない方がいい?』
本日4月14日はブラックデーです。株が大暴落したとか暗黒の日ではありません。バレンタインデーやホワイトデーに縁の無かった人達が真っ黒なチャヂャン麺を食べる韓国の習慣です。うちも便乗してチャヂャンミョンを食べました。インスタントの中では今一番おすすめの「共和春」です。コンビニGS25かgsマートでのみ売ってます。そもそも共和春という中華料理屋がインチョンにありまして、要は名店の味シリーズの一つです。そして、この店はチャヂャンミョン発祥の店なのです。もちろん巡礼で食べに行ってきました。

インスタント共和春1

チャヂャンのたれはレトルトで真空パックです。

インスタント共和春2

これをグッチャングッチャンに混ぜます。

インスタント共和春3


【2007/04/14 18:49】 美味しかった袋ラーメン | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『栃木のご当地グルメ』
18切符の食べる旅は続きます。水戸から佐野に入りました。佐野○○といえばまずラーメンでしょう。今回はもう既に朝から昼にかけて麺類を二杯も食べています。しかも、片っぽは油っこく、もうひとつは大盛りでした。佐野には隠れていませんがあまり目立たないいもフライというものがあります。そう、文字通りじゃがいもに衣を付けて揚げただけです。でもいいんです。ご当地なんですから。いもフライ食べ歩きには便利なマップが用意されています。また、佐野厄除大師の向かいにある物産では紙のマップがあります。それを手に持って周りましょう。
佐野は広いです。駅前に安いレンタサイクルがあるおでそれを利用しましょう。

佐野いもフライいでい1

佐野いもフライいでい2

いでい焼きそば店。店の正面ではなく勝手口のようなところからおばちゃんとコンタクトします。そこからは作ってる様子も見れて楽しいです。手前には店で使ってるものなのか、近所の人が買って帰るのか、地ソースを売ってます。早速おばちゃんにいもフライ2本を頼むと既に揚がってるものには手をつけず、わざわざ新規で揚げてくれました。じゃがいもの香りがいいです。コロッケよりもいもいもしいです。しかも安い。なんと一本70円(四月からは10円上がります)なのです。近所にこんな店があったら、いもフライ片手にビールグビグビですね。炭水化物と油とビール。なんてメタボなんでしょう。この店はベンチがあるのでその場で食べられます。

佐野いもフライおおにし1

佐野いもフライおおにし2

おおにし。いでいのすぐ近くです。この店は私が到着した時点では油に火が入っていませんでした。まずい。たった串数本のために火を入れてもらうなんて…そこに車が一台やってきました。どうやら車で買出しのようです。助かった…注文はいもフライとイカフライにしました。イカフライがあって助かりました。この後もいもばかりなのです。味の方はこちらも美味いです。この店も近所にあったら困ります。なんたってイカフライまであるんですから。(店では食べる場所ないです)

お土産に地ソースを買って帰りましょう。家でいもフライを作っても地ソースを使ってるというだけでご当地度がアップします。

佐野でいもフライを食べた後は栃木に戻っていも焼そばです。栃木も駅近くに安いレンタサイクルを借りましょう。栃木は古い町並みを見ることができるのでチャリで散策してから焼そばに行きます。途中福田屋という百貨店に入っているスーパーに寄ります。特に栃木らしいとは感じません。お惣菜の焼そばを見てもじゃがいも入ってなかったし。内陸なので地元の魚介があるわけでもないし。

栃木やきそば大豆生田1

栃木やきそば大豆生田2

大豆生田商店で焼そばを食べます。300円なのにけっこうな盛です。味も良いです。特に感激するものではありませが、近くに来たらまた寄ります。店内のテレビではもう夕方のニュースをやっています。帰らないと。

【2007/04/13 00:43】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『水戸のご当地グルメ』
18切符で行ったことの無いところへ行ってみようということで、東京近郊ながら飯を食うためだけに電車代を払ってまでは行かない水戸から佐野へと周ってみました。
水戸と言えば納豆ですね。そんなことも頭の片隅に記憶しておいて…最近の情報をgoogleさんに聞いてみると、水戸にはつけけんちんそばなるものがあるそうです。それとスタミナラーメン。そのれ冷たい版のスタミナ冷しというのがあるようです。さてどの店に行くかな、行くなら元祖なり有名店は食べとかないとな、とネットでいろいろ調べた結果、交通の便があまりよくないところばかりに有名店があります。車移動が常識の地域なのでしょうね。ということで選り好みすることなく水戸駅から歩いていける「えるびす」と「黄門そば」となりました。両店の名誉のために書きますが、どちらも評判は良いので水戸駅近くにあってくれて助かりました。
水戸に着いたのは11時前です。黄門そばはまだ準備中です。朝飯を抜いてきてるので盛のいい黄門そばを食べたかったのですが、えるびす(開店時間不明)を覗いてみました。脱線しますが、水戸駅からえるびすまではウネウネと回り道をしてみましたがスーパーらしきものがありません。はしごの間にスーパーを回れないのは胃に負担です。厳しい。えるびすは11時前でも開いてました。客はいません。あらかじめ調べていたのでメニューに冷しが無くても気にせず頼みました。待っている間、壁のメニューを見ていると「お江戸のイタリアン」と銘打った油そばがありました。スタミナ冷しを食べてから油は食えない。実に悔しい。お江戸のイタリアンは厳しく言えば、お江戸ではなく武蔵野、イタリアンではなく拌麺、だけど店のコピーの方が面白から良いです。

スタミナ冷し@えるびす

味の方は油がすごいです。レバーがたっぷり入ってるところが良いのかな?味は薄いというか餡(タレ)が少ないというか、餡がもっと麺に絡めば調度いいです。しかし油っこい。別の店も試してみないと。

間髪いれずに黄門そばに向かいます。建物にでっかく黄門そばと書いてあるので絶対間違えないはずです。が、二階の店へ上る階段に一歩進むと、香港の裏口階段のような殺伐とした雰囲気で不安になります。店に入ると開店してすぐというのにけっこう客が入っています。スタミナ冷しでけっこうウップという状態で普通盛を食べました。後半けっこう辛かったです。麺はごっつい系で角萬くらいです。そばの香りがしっかりします。つけめんで食べるのであれば、けんちんの方はもっと味を濃くしてもらいたいです。えるびすの直後だからそう感じたのかもしれませんが。

黄門そば

胃が揺れるのを感じながら駅前のLIVINで食材をみます。特に特長はないかなぁ。あえて言えば、うちの近所のスーパーの納豆棚の方が盛りだくさんです。納豆タワーを見たかったです。
【2007/04/12 23:31】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『串かつ@自宅 (その2)』
秋に実家で串かつを食べたときに味をしめてしまいました。それまで自宅での揚げ物は厳禁だったはずなのですが、食欲に勝てずとうとう解禁となってしまいました。壁や家具が油で汚れるのが嫌だったんですがねぇ。カロリー的にも自宅揚げ物は危険です。

串かつ@自宅(その2)1

牛肉、アスパラ、ナス

串かつ@自宅(その2)2

アジ、エビ、チーズ、レンコン

立ち飲みで串かつを揚げてもらうのもよいですが、自分で揚げて泡だけをぼーっと見るのも良いです。具もいろいろ試せます。難があるとすれば、使った後の油と部屋が汚れること。かなり難か…

ヒシ梅ソース

ソースはヒシ梅。

■ 関連ログ
串揚げ@自宅

【2007/04/12 00:44】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『ぶぶか vs ラ王』
ぶぶかvsラ王

「ぶぶか vs ラ王」異種格闘技戦?いえいえインスタント油そばの対決です。お湯だけで作れるラ王を油そばにしたらどれだけインスタント油そばに近づけるか実験します。それだったら初めからインスタント油そばでいいじゃないか!黙ってやってみましょう。そもそも近くにある珍珍亭でわざわざ食べない時点でどこを目指してるか謎です。
ラ王はいつものように清仔式油そばにします。ラ王の粉タレと汁タレを混ぜて電子レンジにかけます。油をきった麺にその半分とごま油大匙1を入れてよく混ぜます。日清のラーメン屋さんなどの生麺タイプで作ると油とタレとが乳化したような状態になるのですが、ラ王は最後までサラサラで麺に絡みづらいです。麺のタイプが違うのでしょうか?
さて味の方は、ラ王の油そば化はまあまあ美味いです。タレがしょっぱいのでもやしなどの具を足すか麺増量したいです。ぶぶかと食べ比べてみると…ぶぶかより美味いような気がします。ぶぶかって味が薄いです。それに油そばらしさが無いです。ラ王の麺をもっと太くして増量したらもっといいです。が、ラ王はそもそも醤油ラーメンなのでそれを求めるのは違いますね。

【2007/04/10 23:51】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『ぼたん鍋初体験』
関東に住んでいると「ぼたん鍋」という言葉に接することはありません。関西にいた頃は冬になるとしょっちゅうぼたん鍋という音を耳にしていました。が、実は食べたことがありません。大阪の実家に帰るたびにぼたん鍋とはどんなもんか食べに行こうといろいろ画策するのですが、食べたことがありません。今回、実家の親が近所で手に入るということをお隣さんから聞きつけて送ってくれました。

牡丹鍋1

味付けは簡単、要はだしと味噌の鍋です。ごぼうやら野菜を入れて猪肉を食べるというものです。送られてきた猪肉はいい物なのかそうでないのか、初めて食べるまったくの素人には判断がつきません。ただ、脂身が見事だなぁとは感じます。かじると野性味のある肉とごっつい脂が鼻と口を襲うんだろうななどと想像します。もしかして食に対してはMなのでしょうか?まあいいや、とにかく口を脂でベトベトにしながら酒を飲みたいもんです。

牡丹鍋2

鍋にしました。特に匂いがどうのというのはないです。さて食べてみます。脂身のごっついところを一口で。あぁ脂でやられたい。やっぱりMなのか?味の方は、あれれぜんぜんベトベトしない。あっさり。脂身の塊を食べたとは思えません。匂いもおだやか。パンチがないです。猪ってこんなもんなんでしょうか。猪突猛進。もっとガツンときてください。こっちは待ち構えてたんですよ。あぁ。
一通り猪の味ってどんなのかな状態が終わって、冷静に食べると別にまずい食べ物じゃないです。そんなに美味いものでも無いですが。また食べるか?食べません。値段が高すぎます。
【2007/04/08 01:22】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『徳島ラーメンを食べよう』
高松での法事の帰り瀬戸大橋で岡山に抜けて日生の牡蠣を食べるか、明石海峡大橋のたもとで徳島ラーメンを食べるか、それが問題です。ネットで調べてみると三月は牡蠣のシーズンが終わってるとのことでした。ということで徳島ラーメンです。今までも何度も鳴門を通ることはあってもドライバーの都合で素通りしていました。以前船で東京から徳島へ渡ったときに食べた以来二度目の徳島ラーメンとなりました。そのころと比べてうちの飯情報コレクションも増えていて今回は徳島タウン情報誌「あわわ」の徳島ラーメンと讃岐うどんの特集を参考にしました。旅先でのタウン誌チェックも役にたつもんです。
選んだ店は「やまきょう」と「巽屋」。写真で見たかぎり想像している徳島ラーメンってこんな感じなんだろうなぁと期待する店です。ちなみにこちらは徳島ラーメンど素人です。

やまきょう@徳島

やまきょう。濃いです。血管詰まりそうです。その罪悪感がたいへんよろしいです。壁に薄めがどうのこうのと書いてあるのが理解できます。しかし、薄めなんて頼んじゃダメでしょう。ここは白米をもらってラーメンをおかずに飯を食らうがよいのではないでしょうか。うちはこの後もう一軒食べに行くのでライスを食べられないのが残念です。濃い味好きだなぁ。

巽屋@徳島

一方、巽屋。こちらではやまきょうで我慢したライスも注文しました。来ました真っ黒にもやしの白、生卵の黄色、ネギの緑の色が映えます。肉もよく味がしみてそうな色をしています。さあ白飯かきこむよう。

黒いのにさっぱり。

あれれ、こりゃ白飯じゃないよ。京都駅付近の超有名店のように黒さっぱり。濃さにやられることなくすんなり食べちゃいました。やられたかったなぁ。同行者はこっちの方がさっぱりしてて食べやすかったとのことでした。また徳島ラーメン寄ることがあったらこんどは店の情報と壁の張り紙の「薄め」に注意してライスを注文しよう。いずれにしても美味かったです。ごちそうさま。
【2007/04/08 00:56】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『油そば食べ歩きマップ』
先日書いた「WEBの地図はこんなんだったらいいのになぁ」というものを作ってみました。このブログでカテゴリにもしている油そばがテーマです。

こんな地図を作りたかった

油そばマップ (武蔵境~東小金井)
油そばマップ (吉祥寺)

意外とWEB上にはこんな地図が少ないんですよね…

油そばなんてものを食べ歩いていいのか?あまりいいとは思えませんが、食べましょう。


■ 関連ログ
食べ歩きマップ

【2007/04/04 13:35】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『キリン・ザ・ゴールド』
麒麟苦いビール

プレミアムモルツ(黒)に続きビールの懸賞当たりました。キリン・ザ・ゴールドです。10万人に当たるという当たりやすい懸賞だったし、非売品でもないのでそんなに珍しいことではないですね。でも、当たると嬉しいもんです。
【2007/04/02 01:28】 懸賞 | トラックバック(1) | コメント(0) |
【PR】
『黒石やきそば』
吉祥寺の伊勢丹に黒石やきそばが来ているとのことなので行ってきました。できるなら青森まで行って、店の雰囲気の中で食べたいところですが、青森は遠いです。気持ち的にも距離的にも。
黒石やきそばは麺が平たくて太いということ、だしに浸かってるつゆやきそばがあるということくらいしか知りません。食べてみるとそのとおりでした。太くて平たい麺は好きなのでこれはこれで楽しめました。

黒石やきそば(伊勢丹)

つゆやきそば。つゆがソース味になるのでローメンっぽい…いやそうでもないか。てんかすがのってて一味をかけて食べます。慣れるとはまる味かも。(希望)

黒石つゆやきそば(伊勢丹)

つゆでやきそばといえば、塩原にスープ焼きそばなるものがあるそうです。そっちはどんなもんでしょう。
【2007/04/02 01:14】 ローカルフード | トラックバック(2) | コメント(0) |
【PR】
『食べ歩きマップ』
旅先で、さあ何食べようとなるとWEBが便利です。旅に出る前に調べるのがベストです。うちの場合食べる物の場所に行くので考える順序が逆ですがやはりWEBが便利です。
しかし、こんな便利なWEBですが問題もあります。所在地を見ても土地勘が無いのでピンと来ないのです。最近は地図まで載せてるじゃないかという意見は却下です。それぞれの店や駅の位置関係、距離が大事なのです。地図はるるぶや地球の歩き方などの旅行ガイドブックの地図の形式がやはり使いやすいです。残念ながら有名ガイドブックの飲食情報は内容が薄いのでWEBの情報に劣ります。そこでうちが頼りにしているのがWEBで公開されている食べ歩きマップです。個人でこつこつ作ったものや、自治体が作ったもの、まちおこしのために有志の団体で作っているもの、いろいろあります。作ってくださったみなさまありがとうございます。最後に一つお願いを聞いてくれるなら距離が分かればなぁと思います。人間の歩く速度4km/hでがんばりますので。

googleで調べるとたくさん出てきました。抜粋します。
伊那ローメン 帯広豚丼 帯広豚丼 さぬきうどん 甲府ほうとう 加須うどん 佐用ホルモン焼きうどん 深大寺そば 今治焼き鳥 日生カキお好み焼き 行田フライ 行田フライ 松江そば 上田そば 出雲そば 長野そば 長田そばめし 久留米焼き鳥 東松山焼き鳥 佐野いもフライ 栃木やきそば 東村山武蔵野うどん 村山うどん 吉田うどん 吉田うどん 横手やきそば 太田やきそば 富士宮やきそば 宇都宮餃子 静岡おでん 姫路おでん[PDF] 赤穂ねぎころ[PDF] 秩父わらじかつ丼[PDF] 駒ヶ根ソースかつ丼 加古川かつめし 加古川かつめし[PDF] 加古川かつめし

【2007/04/02 00:32】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。