バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『油そば@あぶら~亭』
昨日に続いてチャリで油そばです。新狭山の油濱か桜上水のあぶら~亭のどちらにしようかな。一晩悩んだ結果、新狭山は遠すぎるんじゃないかということであぶら~亭となりました。昼ごはんの時間にあわせて井の頭通りを南下します。ここらへんでは昨日見かけたような競輪選手みたいな格好のチャリダーがいません。

油そば@あぶら~亭

さてあぶら~めんです。朝を抜いていたのでお腹がすいて我慢できません。一口目はがばっとほうばりました。何か鶏の唐揚げっぽい味がするぞ!?しかし、とにかく味が濃い。しょっぱい。食べれば食べるほどしょっぱい。お茶が進みます。メンマもしょっぱいです。よく味わうと胡椒味なんですね。面白い味付けです。焦がしネギはお茶で口を洗って改めて味わないと何食べてるんだかわかりません。チャーシューは箸で切れるくらい柔らかくトロトロです。

桜上水もそんなに遠くなかったです。新狭山行けるかな?油濱食べたいな。

スポンサーサイト
【2007/05/27 20:48】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『油そば@パワー軒』
天気がよいと出かけたくなります。花粉に怯えて何ヶ月も長時間外で遊ぶのを控えていたのでなおさらです。ということで先日すごく美味しかった鏡花のある立川方面へ出動です。チャリで。油そば食べに行くにはカロリー消費しながらのチャリがいいですね。

パワー軒@立川です。到着するとチャリに乗ったまま店を覗きます。なんだかよく見えません。サングラスをかけてるからか?歳をとると目にきます。店の脇にチャリを停めて普通のメガネに変えます。店は混んでるかな?引き戸を開けると、あれれ、先客は二人、人気店ではないのか?後からわかったけれども先客だと思ってた一人は店員がまかないを食べてるところでした。並ぶのは嫌だし、狭いのも嫌だし、混みすぎてるのも嫌なのでちょうどいいです。ラッキー

油そばを頼みます。普通で550円、中で650円、大で750円。大まであるなら朝も食べてないので中かな。中を頼みます。座った席の目の前に麺が置いてあります。油そばの麺はラーメンのそれとは違ってかなり太いです。楽しみ。色は黄色くありません。

油そば@パワー軒

味のほうは、一口目から美味い。美味さがわかりやすいです。先日の鏡花もそうでしたが珍珍亭からは味の系統がかけ離れています。これはこれで美味いです。チャーシューはモチモチで柔らかいです。これも美味い。麺も太くて噛みがいあります。量も多いです。中でも多かったので、大だとどんなことになっちゃうんでしょう。あぁ、満足。
油そばはノーマルに加えて、みそ味と塩豚骨味がありました。試してみないといけないですね。また食べに来ます。

引き戸はマジックミラーになっています。見えないからといって外からあまりジロジロ覗かないほうがいいです。中からは丸見えなので。
【2007/05/27 17:28】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『茹でないチキンライス』
最近お気に入りの料理サイトがあります。「中華への道!」というサイトの作者は会社を辞め北京まで料理留学をしちゃったのです。すばらしい。家常豆腐や魚香肉絲のような中華の定番が好きな人、作りましょう。北京ダックを作りたい人はこのサイトを見て日本の環境で作れないか知恵を絞りましょう。うちはまだまだ思案中。

茹でないチキンライス

「中華への道!」で「棒棒鶏(しっとりバンバンジー)」というのがありまして、鶏を柔らかくしっとり加熱する方法の一つが紹介されています。鶏を柔らかくしっとり…まさに白切鶏やチキンライス(カオマンガイ)のテーマじゃないですか。前に茹で方や時間、茹でた後の放置を試してみましたが、このサイトでは茹でない方法が紹介されています。鶏の胸肉を縦半分に切ってビニール袋に入れて、沸騰寸前に火を切った鍋に放り込むだけです。
やってみました。うちでは腿肉を切らずにそのまま九割ほど浸かる程度の沸騰した湯にまんま放り込んでみました。もちろん火は消してます。時間は計ってなかったのでよくわかりません。竹串を刺して透明かややピンクの汁が上がってきていたので取り出しました。鶏はごま油を塗って放置します。その(茹でてないけど)茹で汁でタイの香り米を炊いてチキンライスにします。味付けはネギ+塩+ごま油のタレと醤油を用意しました。
結果は、おみごと、鶏が柔らかくできました。何もガス代払って加熱する必要ないんですねぇ。ただ、問題もありました。鶏だけを味わう料理なら問題なかったのですが、チキンライスは茹で汁でご飯を炊きます。鶏だしが薄くなってしまったようです。どうしたもんだか。

■ 関連リンク
中華への道!

■ 関連ログ
鶏とご飯
硬くない白切鶏

【2007/05/24 22:23】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『油そば@すた丼の店』
面倒な決算も終わって本日久しぶりに珍珍亭にて油そばを食べてきました。いつも行列ができているので開店直後です。この時間だと客もまばらで落ち着いて食べられます。うそ、久しぶり+朝飯抜き+大盛りだったのでがっつきました。ほうばります。麺をぐいぐい飲み込みます。珍珍亭の味はいろいろ考えずに食べられて良いです。

というのはおいといて先日すた丼で有名なすた丼の店で油そばを食べてきました。店名が名物料理名でしかも名物料理じゃなくてわざわざ油そばを頼む…なんだかややこしい。

油そば@すた丼の店

味のほうは、特に美味くも不味くも無く不満はありません。が、満足かといえばそうでもない。○ゅー○○○○やなぁ。塩分が若干強いかな。水が欲しくなります。また食べに行くかといえば、行きません。近所に珍珍亭もあることですし。

すた丼

こちらはすた丼。すた丼はまた食べに行きます。国分寺に用事→すた丼は今のところ鉄則かも。
【2007/05/24 16:22】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『焼き釜(油そば)@鏡花』
立川に用事があったというか、食べるために用事を作ったというか、どっちにしろ立川の鏡花で油そばを食べてきました。立川駅、駅ビルはものすごい混雑です。週末の立川はすごいなぁと思っていたのですが、モノレールの立川南駅に着く頃には人影もあまりありません。人が駅にのみ集中しすぎです。ラーメン屋がすごく込んでるんじゃないかと心配しました。

鏡花の店の外には湯きりが云々と書いてあり、派手なアクションでやるようです。湯きりは味をかなり左右するので重要です、しかし、派手なアクションは意味が無く嫌いです。中に入りますと、店内は証明が落としてあってかなり暗いです。暗い飲食店は嫌いです。

油そば@鏡花1

鏡花の油そばは焼き釜といいます。謎な名前ですね。作っているところと出てきたものを見てやっと理解できます。「焼き」
は「釜」にかかっているのではなく、焼きは麺に、釜はうどんでいうかま玉のようです。茹で上げた麺はそのまま中華なべで軽く炒めて盛り付けに生卵がのります。なるほど。

味の方は、秀逸です。店の雰囲気、湯きり(焼き釜は湯きり無し)でぜんぜん期待していなかったのにすばらしいできです。生卵、ミートソースをよけてプレーンの味付け麺を食べます。熱い。焼いているからですね。うわっ、美味い。混ぜます。普通の油そばはタレと麺を絡めるだけなのに対して生卵、ミートソースがのっているのでたくさん混ぜ…具が多くてよく混ざりません。チャヂャンミョンのようにはいきません。食べながら混ぜます。無茶苦茶美味いです。油そばに無かった鮮やかさがあります。タレと麺がよくからみます。楽しめます。あぁ今思い出すだけでもまた食べたくなります。

油そば@鏡花2

どんだけタレが麺にからむか。スパゲティーを食べてソースが残ってしまう。残らないように努力しても残ってしまう。そんな苦労が無いです。美味しくタレをからめていると自然とちょうどよい具合で食べきれます。

焼き釜を出されるときに「スープかけもできますのでぇ」と言われます。出てくるまで、周りで蕎麦湯のようにスープだけを頼んでかけてもらってる人達がいて気になってました。彼らは何をお願いしてるんだ?それは美味いのか?どのタイミングで声をかけるの?と心配なのがこの一声ですっきりします。魚介系のおダシをかけてくれるので興味があれば試してみましょう。私は油そばのまんまグイグイ食べました。
【2007/05/15 00:49】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『日韓の辛ラーメン』
最近は辛ラーメンが日本のスーパーにも普通に並ぶようになって良かったと安心しているあなた。ドラマには興味が無くても韓流のおかげで辛ラーメンが簡単に手に入るようになって喜んでいるあなた。どうやら両手を上げては喜べないようです。片腕半?

日清のインスタントうどん「どん兵衛」が東西で味が違うのはある程度知られている話ですが、辛ラーメンの味が日韓で違うのはまだあまり知られていないようです。食べ比べてみました。

辛ラーメンの味

微妙な違いを食べ比べるために具を入れませんでした。が、食べ比べるも無く見た目がぜんぜん違いました。うわっ分かりやす。韓国の方が明らかに赤いです。違うのは分かったので、どう違うのかスープをすすってみました。違います。はっきり感じたのは韓国のに比べると日本のは唐辛子をおさえて胡椒の香りがします。麺は食感も形も同じでした。

辛ラーメンファンはぜひ二つを試して楽しんでください。うちはやっぱり韓国版の辛ラーメンにしておきます。新宿職安通りの韓国広場では辛ラーメンが1個54円です。

【2007/05/08 16:55】 辛い食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。