FC2ブログ
バナー
『肉のハナマサの麺で油そば』
肉のハナマサでは比較的安く中華麺とその平打ち麺を売っていて、平打ち麺の方はけっこう食べ応えがありそうです。ということでこれを使って油そばにしてみることにしました。タレはごま油大さじ1とチャーシューの漬けタレを適量です。チャーシューのタレは捨てずに冷蔵庫でとって置いたものです。注ぎ足しで作っているので豚の旨みがたくさんタレに移っています。

肉のはなまさの麺で油そば1

麺:二人前なのに何故か三玉。油そばの麺は多めがいいです。

肉のはなまさの麺で油そば2

できあがり。自宅でチャーシューを作っているならば、作業は麺を茹でることと具の準備くらい。実は手抜き料理。

肉のはなまさの麺で油そば3

タレの濃さを調整しながら食べます。けっこう美味いです。味の素を添加すればもっと美味しくなるかも。

スポンサーサイト



【2007/09/29 18:48】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『インスタントラーメンもちょっと工夫でこの美味さ』
インスタントラーメンもちょっと工夫でこの美味さ
インスタントラーメン(袋麺)を食べるとき具を入れずに麺だけで食べる人はそういないでしょう。各家庭でそれぞれのアレンジがあるのが当然だと思います。野菜炒めをのっけてみたり。香港ではさまざまな具をのせて街の飯屋のメニューにさえなっていますし、タイでもヤムママー韓国でも普通のラーメン屋ではインスタントラーメンをアレンジして提供します。

ここ数ヶ月、うちではラーメン屋のようなチャーシュー(煮豚)を食べたいということで、ちょこちょこ試しながら作っています。そんなことで月に数回豚の煮汁ができます。この煮汁で豚系でないインスタントラーメンのスープを作るとすごく豊かな味になるのです。

茹で豚on寿がきや

例えばマルちゃんの昔ながらの中華そば鶏ガラ醤油味。麺達のような高級袋麺を使わなくても効果があります。試してないけど、むしろ安い方が効果があるのかな。昔ながら~はノンフライ麺だからかもしれない。



さらにもう一発。こっちは一切の努力が必要ありません。煮干100%の粉をかけるだけです。化学調味料の手軽さと本物の煮干のアミノ酸という良い点を兼ね揃えた商品なのです。元々は味噌汁などのダシ用で売られているのですがラーメンに使っちゃいましょう。動物系のダシと合わせると簡単にWスープに変身です。粉を入れてから味が馴染むのに若干時間がかかりますが、だんだんと美味くなってくるのを楽しみましょう。



【2007/09/29 11:04】 自作料理 | トラックバック(2) | コメント(1) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク