FC2ブログ
バナー
『自宅のベランダでケンニップを育てたら』
もう夏のことですが、東京の自宅ベランダでケンニップ(えごま)を育てていました。正確に書くと去年育ててたもののタネが土に残っていて勝手に生えてきました。昨年、旅行の関係で一週間以上水をやらなくても生き延びてたり、ケンニップって生命力の強いやつなんですね。その結果がこれです。撮ってる背後にもわんさか育っているのでけっこうジャングルです。

自宅ケンニップ1

さて昨年育てていたそもそもの理由はケンニップが好きだから。焼肉には欠かせません。ベランダで葉を詰めるので、新宿は職安通りの韓国系スーパーまで買いに行かなくてすみます。もうネギ感覚。焼肉だけでは能が無いというか、あってもなくてもどっちでもよいか、こんな料理にも大活躍です。

自宅ケンニップ2

トッポギ・・・屋台のトッポギと見た目が違う?こんなタイプのもあるんです。サリミョンという味付けの無いインスタントラーメンを入れたり、天ぷらや餃子などを入れたりします。写真ではケンニップが見えないですね。でもちゃんと入ってます。

自宅ケンニップ3

カムジャタン・・・以前、豚骨ラーメンのスープをベースに作って失敗した経験があるカムジャタン、背骨の代わりにスペアリブで作ってみました。見てのとおりケンニップたっぷり入ってます。これは美味いですよ。

スポンサーサイト



【2007/09/30 22:44】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『手軽に武蔵野うどん』
うっすら茶色く地粉の香り高い武蔵野うどんを手に入れようとすると、これが意外と難しいのです。たいがいのスーパーでは殆どが茹で麺の玉売りと僅かな生麺や半生麺。でも、これらは白もしくは黄みがかった白い麺で、おそらく ASW (オーストラリア・スタンダード・ホワイト)(※1)でしょう。農林61号などの地粉で打った麺は店で食べるか、粉を調達して自分で打つか、玉売りしている専門店まで買いに行かないと食べられません。

西友西武系に偏ったケース、しかも一部地域だとは思いますが生麺を買うことができます。スーパーで買えるならお手軽でしょ?

田中製麺うどん1

これらは吉祥寺の西友で買いました。田無のLIVINでも買ったことがあるような記憶があります。秩父は田中製麺所の製品です。秩父も地粉うどんを食べるところのなでお仲間ですね。

田中製麺うどん2

生うどんの色は薄茶色で綺麗な麺です。

田中製麺うどん3

ざるめんは平打ち麺です。

田中製麺うどん6

田中製麺うどん7

生うどんは糧と肉汁を用意して武蔵野うどんに

田中製麺うどん4

田中製麺うどん5

ざる麺はつけ麺にして食べました。

※1 ASW は良くないというのではないです。ASW で打ったうどんはもちろん最高の味です。

【2007/09/30 14:09】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク