バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『魚の鮮度はココで見分ける』
旅行中立派なキッチンでもない限り魚介類なんて買ってもしかたない。とは言ってられません。市場があるとついつい吸い込まれて、食材に見とれてしまいます。魚屋なんかあった日にゃーたまりません。香港の魚屋です。

香港魚の鮮度1

数字のみが書かれた値札がポイポイと置いてあります。この値段は一尾か?日本の魚と同じものも見られます。似てるけど違う魚かな?というのも。まったく知らない魚はぜひ食べてみたい。できれば魚の名前を知りたいし、日本では何て名前なのかも知りたい。

香港魚の鮮度2

蝦、貝、短いけどマテ貝もいます。

香港魚の鮮度3

香港では魚の鮮度を見せるのに血まみれの浮き袋を使います。店のオヤジはぷっくら膨らんだ浮き袋をむき出しにして「うちの魚の鮮度はどや!」とやるのです。
スポンサーサイト
【2007/10/12 02:10】 2007秋 香港 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『出前一丁で料理する本』
本になった出前一丁その1

香港の本屋で見つけてしまいました。出前一丁を使った創作料理の本です。茶餐庁の五香牛肉麺や雪菜絲肉麺みたくラーメンの上に具を乗っけただけではなく、麺とスープの粉を使ってぜんぜん違う料理を作ってしまいます。

・サテ味ラーメンと魚を炒めたものををピタパンで挟み。スープは半分を麺の味付けと半分を魚の味付けに使っています。麺は汁麺じゃなく和え麺にしています。
・椎茸味スープマカロニをグラタン皿でオーブン焼します。マカロニの上にはチーズやらスープの粉で味付けした椎茸を乗せています。そこに上から蝦仔をパラパラとちらします。
・表紙はトムヤムクンラーメンに蝦ととうもろこしのハンバーグを乗せたものです。
・中華生麺シリーズは汁麺から和え麺に加工されてます。

こんな感じで美味そうなものから何じゃコリャというものまで色々あります。当たり前の食べ方じゃないという点でいい本です。

■ 関連リンク
出版社のページ

【2007/10/07 22:26】 2007秋 香港 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『腐乳は美味かった』
有利その1

豆腐よう、南乳、腐乳、いずれもサイコロ状の豆腐を醗酵させたもののようです。詳しい作り方を知らないので正確なことは分かりません。ただこれらの食材は個性が強く、只者ではない印象がありました。豆腐ようは爪楊枝でほじくりながら食べたり、南乳や腐乳に至っては中華食材屋で瓶から汁が漏れ、ラベルまでベトベト、置いてある棚はサビサビとなかなか手が伸びません。空心菜の腐乳炒めなんて美味しいんですけどね…

香港のとある飯屋でクレソンの油菜を頼もうとしたら、どうやらシーズンではないようでクレソンが無いとのことです。それで空心菜に代えて頼んだものがこれです。まさか上に腐乳ソースがかかってくるとは思ってもいませんでした。腐乳は火を通してソースにしてるのか?

有利その5

食べてみると、ソースじゃなくてまんまのような気がします。サイコロ状じゃなくてドロドロになっているからソースなのかと思った。それよりも何よりも美味い。なんて美味いんだ!

有利その2

ということで銅鑼灣と灣仔の間くらいにある「有利腐乳王」へ行ってきました。写真を見て気がつきましたが赤い瓶(唐辛子入り)と白い瓶(普通)で「有利」と描いているじゃないですか。気がつきやすいように植木をどけた方がいいですよ。店番のお兄ちゃんはこっちが商品を手にとるまでやる気なし、全然営業をかけてきません。手にとるとちょっと説明してきました。瓶から汁は漏れないかジェスチャーで尋ねると、ひっくり返したりして自身満々に漏れないことを説明します。買いました。

有利その3

蓋と開けると美味そうな赤い色とサイコロ状の豆腐が見えます。生で食べていいもんか。箸で取り出して空心菜炒めに乗せてみました。豆腐はトロトロで箸ではうまく掴めません。掴めても崩れます。なるほど、香港でトロトロのタレだった理由がわかりました。もしかしたら買った時点で瓶の中でグッチャングッチャンに混ぜてるのかも。

有利その4

チキンパウダーで軽く味付けした空心菜炒めに腐乳です。恐る恐る食べます。美味いです。今まで食べてなかったのを悔やみました。そして腐乳を考え出した人に感謝を。今度、香港に行ったらいろんなところで買ってみようと思いました。買いに行きたくムズムズします。

とあるページに粥に入れて食べると美味いと書いてあったので、豚の茹で汁で作った粥に乗せてみました。これまた美味いです。こんなに美味いとは…この感激がいつまで続くか分かりませんが、当分の間は美味い美味いと言って食べるでしょう。

店員には漏れないと力説された腐乳瓶は、宿に戻った時点で既に漏れていました。飛行機の気圧を心配したのに無駄な心配でした。簡単に漏れます。茶餐庁の辣醤同様漏れます。新聞で包んでビニール袋で隔離して持ち帰りました。

【2007/10/07 18:20】 2007秋 香港 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【PR】
『油そば@丸八製麺所』
油そば@丸八製麺1

以前ここで油そばの持ち帰りというか通販というか、とにかく生めんとタレのセットで販売している吉祥寺の竹田製麺所を紹介しました。今度はもっとマイナーと言っては店に失礼だけど、近所でなければ買いに行きづらい店です。武蔵野市の中央図書館近くにある丸八製麺所です。

油そば@丸八製麺2

食べたのは夏前だったのでもう値段は忘れてしまいました。麺は二玉で一セット、タレは一本で一人前です。竹田よりも使いやすいです。タレを良く見ると上2/3は油が白く凝固しています。こうでなくては!

油そば@丸八製麺3

グチャグチャっと混ぜます。

油そば@丸八製麺4

ずいぶん前に食べたので味を覚えていません。美味しかったはずです。この店はうどんの販売もしています。うどんも買ったのですが、これは人にあげただけで自分では食べていません。両方もう一度買ってみないと…

【2007/10/07 17:29】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『出前一丁食べ比べ (香港vs日本)』
先日テレビで「香港でのインタスタントラーメンランキング」というのをやっていて、日清の出前一丁がみごと1位になっていました。スーパーの棚や飯屋での特別扱いから考えても当然の結果だと思います。3位に農心の辛ラーメンが入っているのには驚いたけど…

ぱっと見はよく似てる日本と香港の出前一丁いったいどれほど別物なんでしょう。辛ラーメンの比較に続き試してみました。

出前一丁食べ比べ(香港vs日本)その1

出前一丁食べ比べ(香港vs日本)その2

まずはパッケージから。おおまかな点はほぼ同じです。日本のには調理例と「あ~らよ♪」があります。

出前一丁食べ比べ(香港vs日本)その3

よーく見るとオカモチを持った男の子が若干違いました。ほっぺたと耳がまず違います。目の大きさや表情の差はパッケージの凸凹のせいかもしれません。意外なのは日本版よりも香港版の方が色白ってところでしょうか。

この男の子、日本では「出前坊や」と呼ばれますが、香港では「清仔」です。

出前一丁食べ比べ(香港vs日本)その4

出前一丁食べ比べ(香港vs日本)その5

パッケージの中身です。香港版の方が麺の色が薄く、縮れも細かく入っています。そして日本版の方が少し太いです。どんぶりに調味料を出すと香港版には魔法の白い粉の結晶がたくさん見られました。しかし、これは形状の問題で日本のに同等かそれ以上たっぷり入っているかもしれません。※うちでは鍋に調味料を入れないで、どんぶりに入れて、そこに茹で汁を流し込んで作ります。

出前一丁食べ比べ(香港vs日本)その6

できあがりました。スープの色を見るために同一の白いどんぶりを二つ買いました(笑)。現物を並べてみないと差がわからないくらいです。食べてみました。やっぱり味が似てます。

出前一丁食べ比べ(香港vs日本)その7

麺を並べてみました。左下が香港版の麺、右上が日本版です。日本版の方が黄みがかって太いです。香港版の方が軟らかいです。揚げ油の違いについてはぜんぜんわかりません。

出前一丁食べ比べ(香港vs日本)その8

スープは日本版の方が若干赤く、醤油の味が強いです。そのせいか太目の日本麺の方がスープの味を吸って味がはっきりしていました。個人的な好みだと日本です。おそらくこれは食習慣のせいでしょうから、香港の人は香港版が美味いと言うんでしょうね。メーカーもそうなるように作ってるだろうし。

【2007/10/03 22:47】 2007秋 香港 | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『香港2007秋 カテゴリ追加しました』
香港2007秋カテゴリ作成

8月末から9月の頭にかけて香港に行ってましたのでカテゴリを追加します。今回は、というよりはこれからは、水分補給に良し、食事に良し、休憩に良し、作戦会議に良し、なんといっても居心地良し、いこいのレストラン、茶餐庁を多用します。
【2007/10/03 17:12】 2007秋 香港 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。