バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『旺角最強!?のポーチャイ飯』
初めに書いておきます、タイトルに最強と書いていますが、それはそう書かれているブログがあったので便乗させてもらっただけです。こちらはどこのポーチャイが優れてるなんて判断する能力はありません。

にぎやかな旺角は鼓油街を西へ進むと明苑粉麺茶餐庁という店があります。あらかじめ調べておいた場所と若干違うけど…繁盛しているようだし名前もそっくりなので、目的の店はここの間違いかな?移転したか?と不安になります。腹も減っているしここでいいじゃないか。断念しそうにもなります。我慢や。我慢。旺角最強を食べなければ!

鼓油街を通り抜けると少し南下して廣華街がありました。この通りはおもちゃ屋というかなんというか、モデルガンか空気銃、プラモデルやら、ミニカー、とにかく子供ではなく大人が喜びそうなおもちゃ屋だらけです。おもちゃ屋の営業時間は香港にしたら早上がりのようで夜にはもほとんどの店が閉まっていました。もう真っ暗です。そんな中に数軒の食べ物屋が灯りをつけていました。そして一軒だけ人があふれ行列ができています。そこが今回の目的の店です。苑と園が違うだけで本当にそっくりな名前です。香港は似たような名前が多いから現地の人には特に似てるとは感じないのかな?日本人だと音読みが同じなのでソックリ感倍増です。

行列はできているものの、一人だったのですぐに入れてくれました。香港は合い席がデフォルトで助かります。席に着くまで食べてる人のポーチャイを観察してると肉やらの具は人それぞれどれも美味そうです。そしてみな青菜(白菜仔)を入れています。青菜をトッピングしたいなぁ。席に着いてメニューをよーく見てポーチャイの具を選びます。どこにも菜っ葉はありません。メインの具は肉餅とハムユイにしました。菜っ葉が無いです。欄外に炒めた菜っ葉というのがありました。とりあえずそれでいいやということでオーダーしました。

待つこと数分ではすまなくて、十分を越えました。きっとオーダー入ってからちゃんと作ってくれてるんだなぁ。安飯屋なのに。ポーチャイが出てくる前にタレが出てきました。周りの客を見ていると、ポーチャイを運んできた店員が蓋を開けてる隙にタレをかけて、さらに蓋をして蒸らしています。要領は分かった。いつでも来い。

明園粥麺1

到着です。ちゃんと「加菜」と書いてあります。お、菜っ葉入っとるね。

明園粥麺2

タレをかけて蒸らしました。もう食べてOKです。ちょっとしょっぱいけど美味いです。見てくれ良し、味良し。

具の周辺にザーサイがたくさん散りばめられています。ハムユイも入ってるのに更にしょっぱくなります。

あ!炸菜だ。しまった菜っ葉はデフォで入ってるんだ…オプションでわざわざ注文したのはこれだったのです。疲れてたのかなぁ…こんなミスするなんて

明園粥麺3

肉餅とハムユイ

そういえば、この店の名物と言われているミルクティーを頼むのを忘れてしまいました。周りでも飲んでるの見かけなかったなぁ。また行くことがあったら試してみよう。

スポンサーサイト
【2008/01/22 20:14】 2007年末 香港 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『鶏蛋仔にチャレンジ』
有名な北角鶏蛋仔の鶏蛋仔をポロポロと一粒づつちぎって食べ歩きをしていたら、鶏蛋仔の美味しく作るコツはこれじゃないのか!ということに気が付きました。その前に、鶏蛋仔とは何?それはね香港の止められない止まらないおやつ↓これです。詳しくは今までいろんなところで紹介されているのでググってください。

鶏蛋仔1

話は戻りまして美味しいコツ。普段は一粒を一口で食べて美味い美味いと楽しんで終わっちゃいます。一粒の大きさも噛み切って食べるようなものでもありません。粒と粒の繋がっているところ(バリのようなところ)を無視して食べるのが許されないくらいはっきりと食べる境界線を主張しています。

境界線に逆らってみました。するとその断面はなんと半分にもっちりした生地があって、残りの半分は空洞なんです。ためしてガッテンで見た達人のたこ焼きとよく似てます。鶏蛋仔はベーキングパウダーで膨らましてるし美味しさもぜんぜん違うから似てるだけで同じ理屈だとは思いませんけれど。

鶏蛋仔6

うちでもガッテンしてみたいのと、もともと鶏蛋仔焼き器が欲しかったので買ってきました。値段はけっこう安いですよ。重さに耐えられれば面白いお土産になります。

鶏蛋仔2


鶏蛋仔のレシピは香港の萬里機構が出版しているけっこう有名な本「香港特色小吃」に載っています。焼き器も買ったのでやっと作れます。本当にうれしい。他にも香港らしいものがたくさん載っていますし、中文と英語の併記なので日本人でも簡単に読めます。

鶏蛋仔7

ではやってみます。まずレシピどおり生地を用意します。次に焼き器の両面を熱します。

鶏蛋仔3

全部の穴に油を塗って、熱くなったら生地を片面に流し込みます。ベーキングパウダーで膨らむ前にもう片面と合体させてひっくりかえします。

鶏蛋仔4

火が通ったらできあがりです。できあがりのはずです。あれれ、できたような、できていないような…できてませんね。温度が高かったのか低かったのか。ひっくり返すタイミングか。そう簡単にはできないですね。美味くなるコツ検証以前のできです。今度香港へ行ったら作ってるところをよーく観察してこよう。味はおかんのおやつ程度の美味さです。生地自体が美味いはずなので失敗してもそこそこ美味いです。

鶏蛋仔5

同じお土産でも日本で鶏蛋仔屋をされるのであればこちらの電熱式がよいでしょう。

鶏蛋仔6

【2008/01/18 21:21】 2007秋 香港 | トラックバック(0) | コメント(9) |
【PR】
『家二郎(三回目)』
わけあってラーメンを食べに行けなくなって早くも一ヶ月になります。ラーメンというより外食なんですけどね。とうとう禁断症状が出てきました。にんにくと脂、ごっつい豚とごっつい麺、山盛りの野菜という食べ物が食べたくてたまりません。ということで近所の肉のはなまさへ行ってきました。以前確認したときはうちの冷凍庫では対応できないサイズのとんこつしか無かったはずが、ラッキーにも四本入りがあるじゃないですか。今回二本使って、残りの二本なら冷凍庫に入ります。決行することにしました。前見たときがハズレだったのかな?ちなみにグラム20円です。

家二郎(三)1

今回のスープは基本的にとんこつのみで、(豚)肉は使いません。鶏のもも肉と胸肉がそれぞれ一枚づつ余っていたので、それをチャーシュー代わりにします。まずとんこつを割ります。凍ったまま金槌でガンガンやってもびくともしません。血抜きがてら水に漬けて解凍したら金槌一発でポッキリと折れました。

とんこつは血抜きと下茹でをして臭みを取り除きます。そのままくず野菜といっしょにグツグツと煮込みます。一晩火を止めて二日目も適度にグツグツさせます。このとき鶏肉を放り込んで火を通します。鶏から出るだしがもったいないのでどうせならスープにしちゃおうという企みです。茹でた鶏は使いまわしてるチャーシューのタレに漬け込んでできあがりです。更に翌日、使う分だけスープを別鍋に移して背脂を煮てチャーシューのタレ、白い粉、塩、でラーメンの汁にします。背脂はつぶします。

家二郎(三)2

製麺は水回し、足ふみの後、マザンティのパスタマシンでメモリを7越えから始めて6まで延ばします。カッターは2mmを使いました。麺のレシピは小麦粉が前回と同じ日清パン専用小麦粉を700g、水分はボーメ値を前回から減らして3(比重で1.021)、加水率も多めに36%としました。これは麺をゴッツイ化させるのに今回はかん水と加水率をシビアにするのではなくて茹で具合で調節するとどうなるか試してみようということです。

家二郎(三)3

カッターで切った後グイグイと揉んで縮れさせます。食べた感じだともっとグイグイやってもよかったなぁ。

材料は揃ったので後は普通にラーメンを作ります。

家二郎(三)4

鶏チャーシュー

家二郎(三)5

にんにく雪崩

家二郎(三)6

麺がスープを吸ったところをほじくり出したところ。かなり美味いと思います。みんな背脂のおかげです。背脂は偉大ですね。しかし、豚じゃなくて鶏を使ったのに家二郎と呼んでいいのか?

家二郎(三)7

粉が700gだったので麺にしてだいたい900g。次回用に450g残っています。

【2008/01/18 01:38】 家二郎+α | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『家二郎(二回目)のおまけ』
昨年11月に第二回目の家二郎をやりました。これには後日談があります。用意する材料は麺もスープも一食分というわけにはいきません。この後数日はバリエーションを変えて三つのラーメンを作ってみました。

一つ目は手抜きでオカカをかけただけ。

家二郎(二回目)おまけ1

二郎の味は背脂が決め手では?ということで背脂の追加です。ダメ元で近所の肉のはなまさを覗いてみると少なめに袋詰された背脂を発見。一回で使いきれる量ではないものの安さが背中を押してくれました。それに家でスープと麺が待っています。ということで買いました。

家二郎(二回目)おまけ2

スープに背脂を追加してしばらく煮込みます。ほどほどのところで味噌を溶く網で背脂を丼につぶし入れます。もっと目の粗いこし網があればよいのですがね。スープ、チャーシューのタレ、白い粉で味を汁を作ったら、丼に一式を盛って完成です。

家二郎(二回目)おまけ3

スープを吸った麺をほじくり出したら↓こんな感じです。

家二郎(二回目)おまけ4

最後は以前にも書いた煮干100%の粉"だし「これが一番」"を使います。これで味は全く違う方向へ行ってしまいますが美味さ倍増です。とんこつスープも何度か火を入れるたびに濃厚になっています。四パターンでこれが一番美味かったなぁ…別に毎度二郎じゃなくてもよいですね。
家二郎(二回目)おまけ5

家二郎(二回目)おまけ6


【2008/01/16 23:53】 家二郎+α | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『サーモン寿司チップス』
香港のコンビニの棚に外からも見えるようにこんな商品が置いてありました。サーモン寿司味のポテトチップスです。
サーモン寿司チップス1

香港で寿司といえばサーモンでしかもワサビたっぷり。パッケージも素敵だし、あまりにも香港らしいのでついつい買ってしまいました。
サーモン寿司チップス2

裏を見るとどうやら粉の袋が付いていて、それを振りかけてシャカシャカしてから食べるようです。そんなフレンチフライありましたね。袋を開けるとそれは外袋で中から鮭味であろうポテトチップの袋とワサビ味粉の小袋が入っていました。外袋はジップロックのように閉じられるようになっていて、中の二袋の中身をこの外袋にあけて、ジップロックして振るって仕組みなんですね。うちはパッケージを綺麗に残しておきたいのでポテトチップの袋に直接粉を入れて振りました。おっとその前にポテチを味見しておかないといけないですね。パリっと歯ごたえのいいポテチです。肝心の味は…どう良くとっても鮭の味がしません。粉の方に鮭の味も付いているのかも。粉を振ってシャカシャカしました。ワサビコンソメ味になりました。もしかしてワサビーフ?JACK'n JILL(珍珍)というメーカーでした。発想は面白いし、機械翻訳のような日本語も一瞬楽しめます。なかなかいい買い物をしました。

ところで、寿司飯の味はどこへ行ってしまったのでしょう?

【2008/01/16 17:49】 2007年末 香港 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【PR】
『緊急事態発生そのときトラムは』
緊急事態のトラム

ハッピーバレーの正斗で雲呑麺を食べ終わってから銅鑼灣へトラムで向かうことにしました。トロトロ走るトラムの二階からの眺めはなかなか楽しいです。外車(日本人から見て)が多いなと下を見ていると後ろから消防車がやってきました。香港人、道を譲りません。どうなってるんだ?日本ならモーゼのように道が開けるのに。消防車がサイレンを鳴らしながら一般車両同様に去っていきました。それからちょっとすると渋滞でトラムも動けません。こっちは小腹が空けばそれはそれでうれしいのでのんびり行きます。しばらくしたら全く動かないようで運転手が二階に上がってきました。何やら言うと他の客たちが降り始めたのでついていくと乗り口の三本棒と反対側のドアが開いていてそこから降ろしてくれました。料金を払うのは降り口なので当然料金は支払いません。無料です。料金的にも得したし、珍しいドアから降りられてこれまた得しました。それにしてもこんな所にドアがあったなんて…写真を良く見るとやっぱりドアがあります。へぇ。

※トラムは後ろ乗り前降りで進行方向左が乗り降り口です。ということで今回のドアは後ろの右側、写真で見える後ろ側のドアです。

【2008/01/16 17:05】 2007年末 香港 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『ドリアン・ウエハース日本でも発売して欲しい』
最近お気に入りの果物はドリアン。以前も他の果物同様に美味いものだと思っていました。それが今年の秋に一変して王様となったのです。やはりあなたは王様だったんですね。

ドリタン

ドリアン・ウェハース1

香港のパン・お菓子メーカー、ガーデンのドリアン・ウエハース。

ドリアン・ウェハース2

美味そうなドリアンの絵が!

このウエハースの香りの再現性って何なんでしょう。すばらしくドリアンです。スーパーの棚で手に取ったときから香りがしてました。喜んで買って帰り、宿では帰国の日まで華僑バッグにしまっておきました。
帰国前夜、たくさん買い込んだお土産を荷造りしようと華僑バックを開けると、もわ~んとドリアンの匂いが…ええ香りや~と喜んでるのもつかの間、これから日本に着くまでいろいろ公共の場所をこれを持って通らないといけないのです。どうしたもんだか。空港では知らんふりして荷物で預けちゃいました。間違っても機内に持ち込めません。
日本に着いてターンテーブルでドリアンバッグを待ちます。出てきたバッグは匂いもれもほとんどなく安心しました。さて入国です。久々の一人旅では税関で鞄を開けられました。よりによって華僑バッグを。担当税関職員と私の周囲一メートル程度がもわ~んとしました。バッグの中に溜まっていたものが開放されたのです。ごめんなさい、税関職員さん。でもいい匂いでしょ?
成田からの総武線でもバッグの形状が変わるたびにチョロチョロと匂いは漏れドキドキでした。

※後からよく見ると袋に穴が空いてました。よく匂うと思ったよ…

【2008/01/15 22:34】 2007年末 香港 | トラックバック(0) | コメント(2) |
【PR】
『香港の小さな土鍋([保/火]仔)でポーチャイ飯』
もうずいぶん前に買ったポーチャイがうちにあります。香港や他のアジアの路上でポーチャイを火にかけているさまを見てしまったら、料理好きな人であれば欲しくてしょうがないでしょう。そんなわけで買ってきたポーチャイですが、うちでは使うのがもったいなくて普通の土鍋で作っていました。そのうち、仕舞い込んでるのも忘れてポーチャイ飯=土鍋で作るとしか発想できなくなっていました。
つい最近、火加減を失敗して土鍋で飯を焦がしてしまいました。十年以上育てた土鍋なのでこれ以上焦がしたくありません。ここにきて、やっとポーチャイを登場させる機会になりました。楽しみ。日本で作るにはお手頃な鶏肉と椎茸のポーチャイ飯を作ります。
作り方は簡単。普通に米を炊く手順で、米に火がほどほど通ったところで具をのせるだけです。まずは鶏肉の準備です。鶏肉は切って、醤油、酒、細く切った生姜でマリネします。よくもみ込みましょう。次に米(やっぱりタイ米ですね)をといで同量の水と鍋に入れます。同量とは質量ではなく体積です。米1カップに対して水1カップということです。後はためしてガッテンでやっていたように強火、中火、弱火の順番で炊きます。それぞれの時間は鍋の中の状態で判断しましょう。小さい鍋だと思いのほか早く炊けます。
実際に作ってみてこうずれば良かったと思ったのは…火が通りにくいので鶏肉は小さめに切ったほうがいいでしょう。また、たくさん乗っけるとこれまた火が通らないです。

ポーチャイ飯1

綺麗に炊けてる途中です。ここで具をのせます。

ポーチャイ飯2

椎茸を下に敷いて鶏肉をのせました。明らかに具が多すぎです。残してもしょうがない使っちまえはこの場合後から後悔します。

ポーチャイ飯3

具に火が通りました。あまりにも具が多かったのでなかなか火が通りません。弱火で炊きつづけながら肉の配置をいじくってようやく火が通りました。米が焦げないか心配でしょうがないです。案の定若干焦げました。しかし、ちょっとは焦げないとポーチャイ飯の魅力半減です。具に火が通ったら、ポーチャイ醤油をしゃばしゃばとかけて火を止めます。

ポーチャイ飯4

蓋をして数分間待ったら出来上がりです。
味の方は、鶏のだしを吸ったご飯が美味すぎです。生姜の香りも良いです。具が多すぎたのがもったいないです。これだったら三杯分くらい作れたんじゃないかな。

ポーチャイ飯5

ポーチャイってこんな風に内側がコーティングされています。鶏の脂も出るのでちょっとの焦げではこびりつきません。意外と便利です。ごちそうさま。

※写真では土鍋に蓋をしてませんが、作業時以外は常に蓋をしています。間違っても蓋をしないで炊かないように。

【2008/01/15 21:49】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。