バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『家二郎(五?回目)』
毎日とは言わずとも、ちょっと出かけてはいい食材に出会って何か作ってみたり、テレビで見て影響受けて何か作ったりで、そういえば久しく家二郎をやっていないことに気がついて…気がついたらおしまいです。我慢できません。久しぶりの家二郎です。

今回は定番のバリエーションとは少し異なるおまけをやりました。今までのおまけはつけめんや油そばでした。さて今回は…後ほど。

まずは今回のスペック。粉はBig-Aオリジナルの強力粉、ボーメ度は7(比重で1.051)で加水率は40%です。マザンティの延ばしの目盛は6で歯は4mmを使いました。麺踏みのときに靴を履いて靴の固い部分を利用してグイグイとやったので以前よりいい麺になったんじゃないかな?機械に追いつくようにこれからも努力します。

スープは豚骨とサムゲタンで残ったガラがベースです。火が通った、しかもガッツリ、にもかかわらずガラはけっこう効果があったと思います。

家二郎(五)1

ではでは一発目。チョモランマ

家二郎(五)2

こっちはチョモランマより少し盛りを減らしています。マッキンリー噴火

家二郎(五)3

麺を引きずり出しました。太すぎです。やりすぎました。

この後、同じスープでもう一回、二郎もどきをやって。スープに鰹節と煮干を追加したつけ麺とやりました。それでもまだまだスープが残っていたので、いつかやってみたいと思っていた豚骨味噌味に挑戦です。高円寺のとあるラーメン屋で豚骨と味噌がよく合ったのが忘れられなかったのです。

家二郎(五)4

豚骨味噌つけ麺。麺はもう自家製麺が無かったので三代目伊之助の太麺を利用しました。味の方は、凄く美味いんです。バ・カ・ウ・マ。やっぱり豚骨と味噌って合うんですね。おすすめです。



スポンサーサイト
【2008/12/30 00:06】 家二郎+α | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『丸鶏週間』
今週はやけにスーパーで丸鶏を見かけます。これは丸鶏でなんぞ作りなはれということでしょうか?しかも今日なんかは半額のシールを貼ってもう一押しされました。どれどれと見てみるとナニにするなら少し大きいけれども、これは使えるんじゃないかということになりました。

ナニというのはこれです。サムゲタン。丸鶏といえばサムゲタンでしょう。(笑)

丸鶏週間1

韓国で買ってきた腹に詰める漢方薬を使うチャンスがやってきました。

丸鶏週間2

お腹に漢方薬と水に漬けておいたもち米を詰めます。

丸鶏週間3

数時間煮込むとできあがり。もう部屋中いい匂いがします。

丸鶏週間4

取り分けるのみグサっと一撃を与えた後。もち米もしっかり火が通って鶏のダシを吸ってます。栗やら棗やらも漢方薬に負けずいい匂いです。各自で塩を振って調整しながから食べました。お腹に詰める具を変えて作っても美味いんじゃないかなぁ。

そうそう、先日はまたオーブンを使えるチャンスがあったのでベランダで栽培しているローズマリーをたくさん使ってローストしました。

丸鶏週間5

焼けていくのを見ていても飽きません。

丸鶏週間6

鶏とローズマリーってよく合いますね。焼きたてなのもまた美味さアップです。新ジャガももっとたくさん焼けばよかった…

丸鶏週間万歳!

ところで「Merry Christmas!!」ってどういう意味なんでしょう?Yahooさんところの辞書に聞いても、alcの辞書に聞いても「メリークリスマス」って訳されてしまいました。

【2008/12/25 23:17】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(3) |
【PR】
『胡椒餅を作る(その二)』
次オーブンを使える環境があったら…また胡椒餅を焼こうと思っていました。前回とは違うレシピ本を手に入れたので、曖昧だった作り方の部分が解明できるんじゃないかと期待して。では早速…
胡椒餅2-20
今回のレシピ本。表紙からして胡椒餅。
胡椒餅2-1
メイン生地です。予備発酵したイーストとぬるま湯、砂糖、中力粉をこねて寝かせます。
胡椒餅2-2
しばらく待って膨らんだらラードを練りこんでいきます。これがなかなか難しいというか根気の要る作業でした。
胡椒餅2-3
それをまた寝かせます。
胡椒餅2-4
そのかんに油生地を作ります。薄力粉とラードをこねます。
胡椒餅2-5
まとまったらOKです。油生地には水分を入れてないので、グルテンとかそんな難しい話はないです。
胡椒餅2-6
餡の材料。挽肉に細かく切った肉、大量のわけぎ。中華包丁や出刃包丁があるなら挽肉を買わないで自分でたたいた方がいいです。
胡椒餅2-7

胡椒餅2-8
調味後
胡椒餅2-9
寝かせたメイン生地と油生地を十等分にします。
胡椒餅2-10
油生地をメイン生地に乗せます。それを手のひらで上から押さえてやや平たくしてから、棒で小判状に延ばします。長い方をクルクルとクロワッサンのように巻いて一塊にします。
胡椒餅2-11
餡をこねます。
胡椒餅2-12
生地を手で押さえてからやや平たくしてから麺棒で手のひらサイズに丸く延ばします。そこに具を入れて生地の端っこを引っ張って…
胡椒餅2-13
閉じます。閉じた面を下にして天板に乗せます。
胡椒餅2-14
生胡椒餅に水を塗って
胡椒餅2-15
胡麻をたっぷりくっつけます。
胡椒餅2-16
天板の上でしばらく醗酵させます。
胡椒餅2-17
オーブンで焼きます。いい匂いがしてきます。もうすこしの辛抱です。
胡椒餅2-18
焼き上がり。生地が割れて肉汁が漏れ出しちゃいました。
胡椒餅2-19
それでも肉汁たっぷり。肉たっぷり。生地カリカリ。手間かけるかいがあるってものです。それでも、生地が割れたこと、餡の味をもっと胡椒をつよくしたい、挽肉を使ったこと、まだまだ改善点はあるので、またリベンジですね。九条ネギなりワケギなり安くならないかなぁ。

この記事を各前に胡椒餅の作り方をgoogleで調べたら結構作ってる方がいますね。それも参考にさせていただこう。

【2008/12/07 23:12】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『葡式蛋撻と大良双皮奶の組み合わせ』
マカオ卵おやつ1
突然マカオで食べた蛋撻を体が欲することがあります。コーヒーで蛋撻を食べたくなるのです。香港式の蛋撻はなぜか作ってまで食べたいということは無いなぁ。でもそのうち作ります。ということでマカオ式のエッグタルトを作りました。レシピはオンラインでYahoo!グルメを参考にしました。他にもたくさんレシピを載せてる方がいますが、冷凍パイ生地を使っていたり、写真がそれっぽくなかったりで、結局これに決めました。と言ってもほとんどのレシピは似たり寄ったりです。単純な料理なので当然といえば当然ですね。
しかし、冷凍パイ生地を使うのはちょっと…ねぇ…違うでしょう…買いに行くのも面倒だし、余ったのをどう保存するか考えるのも面倒だし。やっぱり普通に作るのが一番スマートで簡単なのでは?と思うのでした。

うちでの菓子作りには若干の問題があります。オーブンが無いのです。しかたないのでフライパンで焼きます。チャパティもナンもピザも中華のパンも何でもフライパンで焼きます。なぜかうまく焼けます。フライパンで焼くときは蓋をしてオーブン状態にします。焼き目はオーブンのようにはいきません。フライパン面つまり焼きたいものの底に焼き目がつきます。今まで焼いてきたものはそれでもよかったのですが、今度はそうはいきませんひっくり返せないのです。ひっくり返すと大事な大事な黄色い部分が台無しになってしまいます。これまたしかたないのでガスレンジの魚を焼くところで焼きました。

できあがりは、かなり美味いです。作るのもこんな簡単でいいの?反省する点があるとしたら、魚焼きに入れるときにたくさん砂糖を振ればよかったなぁということくらいでしょう。砂糖は派手に振るべきですね。

こんなすばらしいレシピですが問題点もあります。卵白だけが余るんです。黄身だけ残るんであれば、翌日はポーチャイ飯にして真中に卵黄を乗せようかとか、黄身だけの贅沢卵かけご飯にしようかとか、つくねにつけて食べようかとか、すぐにいくつも案がでます。卵白だけって…ありました。マカオで食べた牛乳プリンがあるじゃないですか。ということでうまくマカオでまとまりました。牛乳プリンのレシピは中国語(簡体字)のサイトでいくつか見つかります。どれも同じ内容ばかりです。しかも写真まで同じ。オリジナルはどれなんだか分かりません。
マカオ卵おやつ2

【2008/12/03 16:16】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。