バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『ドリアンプリンを作ってみた』
ドリアンは、果物の王様で、それでいてとにかく臭い。ホテルではその臭さから持ち込み禁止扱いになっているとか言われています。誉められたり悪者になったり。いろいろ言われますが…なんて考えてるのは日本人ではごく少数派で、多くの人は気にもかけていないでしょう。けっして身近なフルーツじゃないし、一生知らないままって人がいてもおかしくありません。

ある日、近所のスーパーであの香りが漂ってきました。新宿あたりの果物屋の前を通るとなるとその心がけができていますが、近所のスーパーでなので驚きました。寝耳に水ってこういうこと?落ち着いて探して、やっぱりいい香りだねぇ。と興奮しながらもしみじみします。値段を見て、その日は香りだけを無料で楽しんで帰りました。

数日前、またそのスーパーに行くことがあり、今回も無料で香りだけ楽しもうとブツに顔を近づけると、黄色い半額のシールが貼ってあるではないですか。1,980円が半額で990円です。フルーツを買う習慣がないのでそれでも高いとは感じます。迷う心にドリアンは完熟した身を割って(自然に割れます)カイナハレと誘惑します。(昔は1,980円でなんて買えなかったので、安いんですけどねぇ)

結局、彼はうちにやってきました。
自作ドリアン布甸0
完熟だったのですぐに食べられます。部屋に数時間置いただけで嗅覚は南国気分です。さてさて割れ目から裂いてご開帳です。実はパンパンに詰まっていてたくさん入っています。トロリとした実をぱくりとやります。数ヶ月ぶりのドリアン…たまらなく美味いです。

ムハー

自作ドリアン布甸5
ストレートの実はもちろん美味いのですが、そればかりじゃありがたみが薄れます。それじゃあということで先日香港で食べて気に入ったドリアンプリンにしてみました。プリンと言っても卵で固めているわけではありません。ん?プリンは卵じゃなくてもプリンだからいいのかな?
味のほうはかなり美味しいです。お好きな人がいたらサプライズで出したいくらいです。もっとも部屋の香りでバレバレでサプライズにはならないですね。その前にそう簡単にドリアンを買えないか。

ここからは先日香港に行った際に食べたドリアンたちです。

自作ドリアン布甸1
WELLCOME の剥きフルーツ。宿でモリモリ食べます。

自作ドリアン布甸2
ドリアンミルクプリン。牛頭角で食べました。いいです。これを食べてなかったら損してました。写真は手前がドリアン。左奥がヤクルトミルクプリン、右奥はカシューナッツのおしるこです。どれもすごく美味しい。

自作ドリアン布甸3
エッグタルトいろいろ。下段右から二つ目がドリアンエッグタルトです。ここのエッグタルトは油っこかったし、甘かった~。胸焼けします。一個だけを美味しいコーヒーでやるのが正解かな。

自作ドリアン布甸4
満記のドリアンプリン。後ろにスタウトなんて写ってます。それはそれでドリアン別々で楽しみます。


スポンサーサイト
【2009/06/14 21:49】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(5) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。