FC2ブログ
バナー
『十三座のホルモン煮込み』
東京でモツ煮込みといえば豚の白モツを味噌で煮込んだものを想像します。香港では牛雑と書いて牛のいろいろな部位(5,6箇所)をスパイスで煮込んだものになります。人通りの多いところにはたいてい店が出ています。昔は屋台でやっていたのですが、最近では小さい席の無い店舗でやってることが多いです。

十三座万歳

これは大好きな北角の十三座の椀です。基本単位は串で、串4本分が小さい椀になります。これを食べながら九龍城行きの船を待ちます。椀の不便な点はマスタードソースが上の具にばかりかかってしまうこと。下の具の分まで考えると上の具はマスタードだらけになるし。後は具の種類が見分けづらいこと。フェリー埠頭のたもとにはセブンイレブンがあるので冷え冷えビールの調達には苦労しません。

十三座万歳串

基本の串。ちび太のようです。

十三座万歳マスタード

マスタードをたっぷりかけて食べるのが好きです。
スポンサーサイト



【2009/10/26 22:50】 香港関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『上湯伊麺餐廳専用』
先日の香港で久しぶりのビッグヒットがありました。

香港では町の飯屋でラーメンといいますと、日本のインスタント袋麺の麺が使われます。と書くと全部インスタントと勘違いされちゃいますね。もちろん他にもいろんな麺があります。最近では日本のラーメンも人気でそこらじゅうに日式拉麺の字があります。話は戻ってインスタント麺ですが、飯屋で使ってるのは基本的にはスーパーで売られているものとは異なります。香港の人気ナンバー1ラーメン、出前一丁を使う店もありますが、そのときも基本の麺は別にあって出前一丁を指定すると別途料金を取られる仕組みになっています。ではその基本の麺とはなんでしょう。香港には業務用のインスタントラーメンがあるのです。大光麺などの名前で見かけることがあります。パッケージは無色透明のビニール袋ですのでいままでコレクションの対象外でした。ところが今回とある店でちゃんとパッケージングされた業務用インスタントラーメンを発見したのです。「福」の字で有名なあのメーカーです。ちゃんと餐廳専用となっています。これを見つけたときは涙がちょちょぎれもんでしたよ。

業務用インスタントラーメン

店との交渉は店員が戸惑うも数分で決着。以前、韓国で10分くらいねばったあげく手に入れられなかったことを考えると香港人店員の寛大さに感謝するのでした。
【2009/10/26 00:31】 香港関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク