バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『なんと忠実な This is Hong Kong』
珍しく食いしん坊ではなく本の紹介です。M. SasekさんのThis is Hong Kongという絵本です。オススメです。

ぱっと見、字も大きくて振り仮名も全部ついてて、この本は子供の絵本のようなのですが、内容は大人でも十分楽しめる…というか子供は見ても楽しいのか?多分大人向けの絵本です。1960年代の香港を切り取ったものです。気に入った点は(香港人からみて)外人が「うんうん」と頷けるところに注目してるところや絵が意外と忠実なところでしょうか。西洋人なのに漢字を写し取るのにまったく手を抜いて無いです。まさか意味が分かってるんじゃないよね。風景も香港風に適当に描いちゃえじゃないんです。偶然にも同じ時代同じアングルの写真をFlickrで見つけましたので載せてみます。

ビクトリアパークから見たタイガーバームガーデン

This is Hong Kong 01

This is Hong Kong 02

写真のは木が邪魔してるのでおそらくサセクが立った位置はもうちょい天后寄りだったのでしょう。それを考慮して絵と比較すると、すごい、すごい、山の形や採石所、建物の形までそっくりです。

Flickrのオリジナルの画像はもっと大きいです。本の挿絵と比較のためトリミング・縮小しちゃいました。ごめんなさい>作者さん

山肌にドット状に描かれてるのはオリジナルを見るとバラックなんですね。
スポンサーサイト
【2009/12/23 13:51】 香港関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『香り米で和食』
香り米で和食?香り米だったらインド・タイ・中華あたりじゃないと合わないだろう?合うか合わないかはおいといて、先日、香川の友人からこんなモノをいただきました。香り米。でも見た目は丸い日本のお米そのものです。かすかに読める作り方をみると、普通の米2に対して香り米を1入れて炊けばよいそうだ。実際に作ってみると…

日本の香り米

炊飯器のスイッチを入れてしばらくすると、あの香りがしてきます。まさにタイ米の香り。日本の米でこの香りがすることに驚きました。説明文には「変な匂いが…」と書いてあります。長粒種の香り米を知らない人には変な匂いなのですね。お釜の中が焦げてると勘違いするのかな?幸せになる香りなのに。

実際に食べてみると、食感はモチモチとした日本の米そのものです。香りは炊いてるときほど強くはありません。香り米の分量が全体の1/3だからでしょうか。タイ米はパラパラだから嫌い、でも香り米の香りは好き、という人にはちょうどよい米じゃないでしょうか。問題は金額ですね。いただきものなのでそこまでは分かりません。
【2009/12/01 22:26】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。