バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『プルタク』
プルタック

韓国の辛い焼き鳥を作ってみました。しかし韓国語のカタカナ表記はやっかいです。プルタックかプルタクと書きますがいずれにしろクは小さいからプルタッがいいのかな。
この料理はソウルで買った激辛料理の本に載っていました。ハングルで書かれていますが excite の翻訳機能を使えばほぼ読めます。でも100%ではありません。チョンヤンコチュジャンやチョンヤン唐辛子という謎の調味料がありました。インターネットはすごいもんです。こんな謎も検索一発で解いてくれました。唐辛子の中でも辛くて有名な唐辛子とのことでした。日本でしかも自宅でそんな特殊なもの使わなくてもOKです。
いざ作ってみようと食材を集めていたら、韓国で買ってきた辛い(メウン)コチュジャンのパッケージにチョンヤンの文字が!なんという偶然。辛いものは買っておくべきですね。
激辛コチュジャン

作り方は簡単で、鶏もも肉を蒸して火を通してから一口サイズに切ります。それとヤンニョムジャン(合わせ調味料)をフライパンで炒めたらできあがりです。が、本に従わず事前に火を通す作業を省きました。火を通した肉を焼いてもしょうがないだろうと思ったからです。やっぱり本に従わないといけません。ヤンニョムジャンは焦げやすかったのです。肉に火が通る前にコゲコゲになっちゃいます。急遽マリネしてあった肉を電子レンジで火を通してから焼肉用の鉄板で焼きました。肉汁とかでヤンニョムジャンが薄まっています。いかんです。次は本のとおりに作ってみます。
【2006/10/28 22:48】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<納豆トースト | ホーム | インスタント四川チャヂャン>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/346-df27baa4
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。