バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『鶏の茹で汁で港式粥』
先日作った白切鶏の茹で汁、捨てるなど無駄にしてはいけません。塩、こしょうで味を調えてスープにしてもいいのですが、今回は香港の朝食の定番、粥にしました。
スープにはかないませんが、粥もかなり簡単な料理です。必要なものは材料と気長に煮込む時間です。まず、といだ米に油をまぶして油マリネにします。米は一合で二人分です。これでもかなりの量ができあがります。油は大さじ1程度でしょうか。鶏の茹で汁を水で増量して沸騰させます。そこにマリネした米を入れて米が踊る程度の火でしばらくほったらかします。ふきこぼれに注意しましょう。粘り気の強い米だとすぐ糊状態になります。火を弱めましょう。ここから気長に煮込みます。水分が蒸発するのでその都度追加します。米が踊らないくらいの糊状態になればちょくちょくスプーンなどで混ぜたほうがいいでしょう。適当なタイミングで豚の千切り(生)を追加します。これで豚のダシが入ります。米の華が開いていい具合になったら塩で味を調整して出来上がりです。どうなったらいい具合?という場合は香港の美味しい店で観察してください。
具はピータンを乗せました。豚肉との組み合わせはスタンダードな「皮蛋痩肉粥」。油絛が無いのでワンタンの皮を揚げたのを乗せました。美味いです。

鶏の茹で汁で粥1

鶏の茹で汁で粥2

■ 関連ログ
硬くない白切鶏

【2007/02/28 19:49】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<自転車ドロボー逮捕 | ホーム | 春菊と菊菜の呼び分け>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/464-d41fc79e
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。