バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『水戸のご当地グルメ』
18切符で行ったことの無いところへ行ってみようということで、東京近郊ながら飯を食うためだけに電車代を払ってまでは行かない水戸から佐野へと周ってみました。
水戸と言えば納豆ですね。そんなことも頭の片隅に記憶しておいて…最近の情報をgoogleさんに聞いてみると、水戸にはつけけんちんそばなるものがあるそうです。それとスタミナラーメン。そのれ冷たい版のスタミナ冷しというのがあるようです。さてどの店に行くかな、行くなら元祖なり有名店は食べとかないとな、とネットでいろいろ調べた結果、交通の便があまりよくないところばかりに有名店があります。車移動が常識の地域なのでしょうね。ということで選り好みすることなく水戸駅から歩いていける「えるびす」と「黄門そば」となりました。両店の名誉のために書きますが、どちらも評判は良いので水戸駅近くにあってくれて助かりました。
水戸に着いたのは11時前です。黄門そばはまだ準備中です。朝飯を抜いてきてるので盛のいい黄門そばを食べたかったのですが、えるびす(開店時間不明)を覗いてみました。脱線しますが、水戸駅からえるびすまではウネウネと回り道をしてみましたがスーパーらしきものがありません。はしごの間にスーパーを回れないのは胃に負担です。厳しい。えるびすは11時前でも開いてました。客はいません。あらかじめ調べていたのでメニューに冷しが無くても気にせず頼みました。待っている間、壁のメニューを見ていると「お江戸のイタリアン」と銘打った油そばがありました。スタミナ冷しを食べてから油は食えない。実に悔しい。お江戸のイタリアンは厳しく言えば、お江戸ではなく武蔵野、イタリアンではなく拌麺、だけど店のコピーの方が面白から良いです。

スタミナ冷し@えるびす

味の方は油がすごいです。レバーがたっぷり入ってるところが良いのかな?味は薄いというか餡(タレ)が少ないというか、餡がもっと麺に絡めば調度いいです。しかし油っこい。別の店も試してみないと。

間髪いれずに黄門そばに向かいます。建物にでっかく黄門そばと書いてあるので絶対間違えないはずです。が、二階の店へ上る階段に一歩進むと、香港の裏口階段のような殺伐とした雰囲気で不安になります。店に入ると開店してすぐというのにけっこう客が入っています。スタミナ冷しでけっこうウップという状態で普通盛を食べました。後半けっこう辛かったです。麺はごっつい系で角萬くらいです。そばの香りがしっかりします。つけめんで食べるのであれば、けんちんの方はもっと味を濃くしてもらいたいです。えるびすの直後だからそう感じたのかもしれませんが。

黄門そば

胃が揺れるのを感じながら駅前のLIVINで食材をみます。特に特長はないかなぁ。あえて言えば、うちの近所のスーパーの納豆棚の方が盛りだくさんです。納豆タワーを見たかったです。
【2007/04/12 23:31】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<栃木のご当地グルメ | ホーム | 串かつ@自宅 (その2)>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/484-0cc8d043
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。