バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『栃木のご当地グルメ』
18切符の食べる旅は続きます。水戸から佐野に入りました。佐野○○といえばまずラーメンでしょう。今回はもう既に朝から昼にかけて麺類を二杯も食べています。しかも、片っぽは油っこく、もうひとつは大盛りでした。佐野には隠れていませんがあまり目立たないいもフライというものがあります。そう、文字通りじゃがいもに衣を付けて揚げただけです。でもいいんです。ご当地なんですから。いもフライ食べ歩きには便利なマップが用意されています。また、佐野厄除大師の向かいにある物産では紙のマップがあります。それを手に持って周りましょう。
佐野は広いです。駅前に安いレンタサイクルがあるおでそれを利用しましょう。

佐野いもフライいでい1

佐野いもフライいでい2

いでい焼きそば店。店の正面ではなく勝手口のようなところからおばちゃんとコンタクトします。そこからは作ってる様子も見れて楽しいです。手前には店で使ってるものなのか、近所の人が買って帰るのか、地ソースを売ってます。早速おばちゃんにいもフライ2本を頼むと既に揚がってるものには手をつけず、わざわざ新規で揚げてくれました。じゃがいもの香りがいいです。コロッケよりもいもいもしいです。しかも安い。なんと一本70円(四月からは10円上がります)なのです。近所にこんな店があったら、いもフライ片手にビールグビグビですね。炭水化物と油とビール。なんてメタボなんでしょう。この店はベンチがあるのでその場で食べられます。

佐野いもフライおおにし1

佐野いもフライおおにし2

おおにし。いでいのすぐ近くです。この店は私が到着した時点では油に火が入っていませんでした。まずい。たった串数本のために火を入れてもらうなんて…そこに車が一台やってきました。どうやら車で買出しのようです。助かった…注文はいもフライとイカフライにしました。イカフライがあって助かりました。この後もいもばかりなのです。味の方はこちらも美味いです。この店も近所にあったら困ります。なんたってイカフライまであるんですから。(店では食べる場所ないです)

お土産に地ソースを買って帰りましょう。家でいもフライを作っても地ソースを使ってるというだけでご当地度がアップします。

佐野でいもフライを食べた後は栃木に戻っていも焼そばです。栃木も駅近くに安いレンタサイクルを借りましょう。栃木は古い町並みを見ることができるのでチャリで散策してから焼そばに行きます。途中福田屋という百貨店に入っているスーパーに寄ります。特に栃木らしいとは感じません。お惣菜の焼そばを見てもじゃがいも入ってなかったし。内陸なので地元の魚介があるわけでもないし。

栃木やきそば大豆生田1

栃木やきそば大豆生田2

大豆生田商店で焼そばを食べます。300円なのにけっこうな盛です。味も良いです。特に感激するものではありませが、近くに来たらまた寄ります。店内のテレビではもう夕方のニュースをやっています。帰らないと。

【2007/04/13 00:43】 ローカルフード | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
<<ブラックデーには食べない方がいい? | ホーム | 水戸のご当地グルメ>>
comments
--いも入りやきそばのサイト作りました。--
はじめまして。「じゃがいも入りやきそば」についてのまとめサイトhttp://www29.atwiki.jp/imoiriyakisoba/を作っていて、たどりつきました。このブログにもリンクさせてもらったので、ご報告いたします。
【2007/11/12 01:42】 URL | コバタカ #YhxRTNrk[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/485-dd81f04b
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。