バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『焼き釜(油そば)@鏡花』
立川に用事があったというか、食べるために用事を作ったというか、どっちにしろ立川の鏡花で油そばを食べてきました。立川駅、駅ビルはものすごい混雑です。週末の立川はすごいなぁと思っていたのですが、モノレールの立川南駅に着く頃には人影もあまりありません。人が駅にのみ集中しすぎです。ラーメン屋がすごく込んでるんじゃないかと心配しました。

鏡花の店の外には湯きりが云々と書いてあり、派手なアクションでやるようです。湯きりは味をかなり左右するので重要です、しかし、派手なアクションは意味が無く嫌いです。中に入りますと、店内は証明が落としてあってかなり暗いです。暗い飲食店は嫌いです。

油そば@鏡花1

鏡花の油そばは焼き釜といいます。謎な名前ですね。作っているところと出てきたものを見てやっと理解できます。「焼き」
は「釜」にかかっているのではなく、焼きは麺に、釜はうどんでいうかま玉のようです。茹で上げた麺はそのまま中華なべで軽く炒めて盛り付けに生卵がのります。なるほど。

味の方は、秀逸です。店の雰囲気、湯きり(焼き釜は湯きり無し)でぜんぜん期待していなかったのにすばらしいできです。生卵、ミートソースをよけてプレーンの味付け麺を食べます。熱い。焼いているからですね。うわっ、美味い。混ぜます。普通の油そばはタレと麺を絡めるだけなのに対して生卵、ミートソースがのっているのでたくさん混ぜ…具が多くてよく混ざりません。チャヂャンミョンのようにはいきません。食べながら混ぜます。無茶苦茶美味いです。油そばに無かった鮮やかさがあります。タレと麺がよくからみます。楽しめます。あぁ今思い出すだけでもまた食べたくなります。

油そば@鏡花2

どんだけタレが麺にからむか。スパゲティーを食べてソースが残ってしまう。残らないように努力しても残ってしまう。そんな苦労が無いです。美味しくタレをからめていると自然とちょうどよい具合で食べきれます。

焼き釜を出されるときに「スープかけもできますのでぇ」と言われます。出てくるまで、周りで蕎麦湯のようにスープだけを頼んでかけてもらってる人達がいて気になってました。彼らは何をお願いしてるんだ?それは美味いのか?どのタイミングで声をかけるの?と心配なのがこの一声ですっきりします。魚介系のおダシをかけてくれるので興味があれば試してみましょう。私は油そばのまんまグイグイ食べました。
【2007/05/15 00:49】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<油そば@すた丼の店 | ホーム | 日韓の辛ラーメン>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/491-aaa78383
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。