バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『アブラっX@ラーメン二郎八王子野猿街道店2』
ら~めん ぽっぽっ屋 本店、ラーメン大西荻店、髭、暖々と二郎インスパイア系で油そばを食べてきて、ここにきてようやくインスパイア系じゃない二郎で食べる機会ができました。普段からラーメンの評判のよい八王子野猿街道店2の「アブラっX」です。WEBでの情報によると「体調の悪い方は食べないでください」と券売機に書いてあるそうです。凄そうですね。WEBでの評判もすこぶる良いです。行くと決めてから十日以上我慢しました。いったいどんなもんなんでしょう。期待せずにはいられません。

あぶらっX1

今回はとんでもないものを食べるってことなので朝から何も食べ無いことにしました。事前にカロリー消費もしようということでチャリでの移動です。昼過ぎに出発し、走り始めて1時間20分経ったころゴールが見えてきました、京王堀之内って意外と楽勝だなぁと軽快に飛ばしていると突然丘越えがありました。チャリを降りて手押しで上ります。ゴール直前で難所があるとは…このコースは使えないなぁ。それでも結局1時間半くらいで着くことができました。堀之内駅で相方と待ち合わせです。早く着いて、駅の周りをぷらぷらしていると鳥が激しく鳴いています。よく見ると駅の配線ボックスらしき箱の中にスズメの子がいるではないですか。

アブラっX6

アブラっX7

小鳥が餌を食べる写真を撮ったりして時間をつぶして相方と合流。お店へ向かいました。
店へ着いたのは開店10分前。既に20人ほど並んでました。開店前に着いたにもかかわらずなかなか食べられないのではないかと心配しましたが、家族席に案内されて開店と同時に座ることができました。同席した親子はお父さんが小さい子にラーメンを分けて食べさせていました。英才教育ですねぇ。いつの日か彼は大ダブルを食べるようになんだろうなぁ。

アブラっX5

まずは生卵二つが出てきました。二個というところがこれから出てくるものの凄さを物語っています。二個ってどういうことや?
20分ほど待って店員さんが「アブラックスです」と持ってきてくれました。やっぱりそう読むんだ…ようやくアブラっXの登場です。野菜はノーマルでもみごとに盛り上がっています。野猿は盛がすごいと聞いていたのでまずはほっとして、そして若干拍子抜けです。

あぶらっX2

野菜をかきわけて麺をつかみ出すと、タレが染み込んで真っ黒になっています。

あぶらっX3

ひゃ~濃そう~。タレがからんでない部分が素の色をしているので、油そばとしては全体を混ぜたい気持ちになります。無理です。盛りのバランスを崩さないように麺を引っ張り出してきてかぶりつきます。二郎の麺だぁ。麺を噛み切ってみるとかなり白い部分が残っています。アルデンテどころじゃありません。まずは歯で感じて味、香り、のどで味わい、最後は店を出てからニンニクのゲップで二郎を感じます。

味はタレを吸いまくってる部分はけっこうしょっぱいです。生卵に絡めて食べる、または野菜でしょっぱさを中和しながら食べます。個人的にはアブラっXよりも他のインスパイア系の油そばの方が美味いと思います。ガツンと来るのはアブラっXです。

あぶらっX4

ごろんと入った豚の厚さは2cmオーバーでしょう。余裕でとんかつより分厚いです。

帰りのコースは野猿街道にしました。西側の方が若干高いのか帰りは楽でした。丘越えもないので今度野猿で食べるときは。こっちのコースで行くことにしよう。

【2007/07/22 13:42】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<麻辣火鍋春雨は本当に麻辣だった | ホーム | 油そば太麺@旅人の木>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/507-6f1eaf76
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。