バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『東京でパパイヤが育つ?』
パパイヤその1

ベランダでバジルやらをプランターに植えたりで土いじり盛んな頃、興味本位で食べていたパパイヤの種も植えてみました。前からアジアで自生しているものや、金持ちの庭にたわわに実っているパパイヤを観てあこがれていたのもあってのことです。植えてはみましたが、芽が出るなんて思ってもいませんでした。食べているのは品種改良されたものに違いないし、今まで気ままに育ってそうだったパパイヤは南国でのことだったし、そう簡単に芽が出てもらっては困ります。

芽が出ました。あちこちに蒔いた種からニョキニョキと。一個でもいいから芽が出ないかとたくさん蒔いてしまったのです。それでも南国ではないので、どこまで育つやら。あまり期待はしません。それらをしばらく育ててほどほど、芽が茎っぽくなるころ、間引きました。というより一番育ってるのを別の大き目の鉢に移しました。この一本をがんばって育てれば何年か後にはパパイヤを食べられると思うと力が入ります。他のパパイヤは水はやるけれども特にメンテナンスしないことにしました。うちにパパイヤ林を作ってもしょうがありませんから。パパイヤは太くなり背丈も人の腰あたりを越えました。育つもんですね。ビックリです。

パパイヤその2

ここまで育つとうれしい反面、若干心配です。どこまで大きくなるんだ?初めは芽が出たら面白いな程度の期待だったのに。アジアで見かけたものは人の背丈を簡単に越えていたのではなかったか?どうしたもんだか。そうなるとこんな植木鉢じゃ小さすぎるし、ベランダじゃ狭すぎる。ベランダを使う人の目から見ると大きくて邪魔です。洗濯物を干すのに既に邪魔です。かといって水をやるのを止めて枯らすわけにはいかないし。

調べてみました。パパイヤは冬場12℃を切ると枯れてしまうということが分かりました。意外と枯れなさそうです。どうにかしてみるかな。まだ長い付き合いになりそうです。

もう一つ重要なことが分かりました。パパイヤの株には雄と雌があるとのことです…花が咲くまでわからないとか。うちで育ててるのは一本のみ。人の背丈を越えるほど育ったとしても、それが雌であろうと、実ることはあるのか?種無し?来年株を増やさないといけないのか?それじゃ林になるし。絶望というのが正解かな?

【2007/09/26 15:38】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<中秋なので香港製月餅 | ホーム | 富士宮でやきそばを食べる>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/514-a99db344
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。