バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『納豆のタレで作ってみました』
納豆のタレ01

納豆のタレっていつから付いてくるようになったのでしょう。納豆にはカラシと細ネギを薬味で使い、味付けは醤油のみというのが一番多いのではないでしょうか。メーカーはこのタレで食べることを想定して作っているはずだからということで、一度食べてみましたが妙に甘いです。やっぱり要りません。入っていても使わずに捨ててしまいます。

そもそも要らないだろう。納豆コーナーに別途置いといて欲しい人だけ貰えばいいじゃないか。納豆の付属品ではなく醤油指しのような形で納豆のタレとして発売すればいいのに。などなど納豆のタレに対する不満は止まりません。

とある状況でタレを捨てずにいたら11個溜まっていました。基本成分は醤油・みりん・ダシ。和食になら何にでも使えそうです。煮物に使うか?普通じゃない状態の調味料だから普通じゃつまらない。

ひらめきました。なめ茸です。どれもこれも似たような変な瓶に入ったご飯の友なめ茸です。

納豆のタレ02

約100円のえのきを一袋を買ってきて、適当な長さに切りバラバラにします。少量の水で煎るようにします。火が通ってしんなりしたらタレを全部投入します。煮詰めます。見た目は売り物のようになりました。若干色が薄く汁っけが少ないかな。

納豆のタレ03

冷まして保存します。あの変な瓶だと匙でほじくらないといけなくなるので普通のプラ容器がいいでしょう。雰囲気も楽しみたければアノ瓶がいいかもしれません。

納豆のタレ04

炊き立てのご飯に大根おろしとなめたけで試食します。うはっ、なめたけだ。タレが11個ではちょっと味が薄いです。大根おろしに醤油をかけて食べるとちょうどよいです。納豆のタレを使い切った快感と意外な作り方でなめ茸ができたことにニンマリ。
【2007/12/18 20:06】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<麦家の雲呑麺ばかりを食べてみた | ホーム | 出前一丁のおかもちは重い?>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/530-11eb11c8
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。