バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『ぽっぽっ屋の通販を食べてみた』
以前も書いたぽっぽっ屋が通販を始めたというので買ってみました。値段は3食入りで1,980円、5食入りで2,980円(1食660円~596円)と結構高いです。具が一切無い状態でこの金額ということは店で提供される形に仕上げると800円を下らないでしょう。店へ行けない人もしくは、オリジナルのトッピングやアレンジをしたい人用ですね。結局何食あっても食べるだろう(笑)ということで単価の安い5食入りを買いました。

ぽっぽっ屋通販2

さっそくブツを見てみましょう。

ぽっぽっ屋通販3

通常家で製麺するときの小麦とかん水の他に食塩、酒精、卵、プロピレングリコール、着色料(リボフラビン)が入っていました。横文字の単語をググってみるとプロピレングリコールが保存料でリボフラビンが蛍光黄色の着色料だそうです。家ではどちらも使わないですね。酒精(アルコール)は何のためなんだろう?これもたぶん家では必要ないですね。

茹でる前に麺をつぶしてみたりして観察すると、加水率低いですね。結構粉って感じです。プロピレングリコールが保湿作用もあるのでこれが麺の状態を保持するのを助けてるのかな?勉強になります。

写真はありませんがタレの成分は醤油、豚脂、にんにく、砂糖、香辛料、食塩、昆布エキス、りんご酢、アミノ酸、アルコール、キサンタンとあります。あれれ?旨味成分が昆布エキスとアミノ酸しかない…アミノ酸と一くくりにしてるのが多種のアミノ酸ってことなのかな?

ぽっぽっ屋通販4

作り方のとおり作ってみました。おそらく店で食べたほうが安い…

ぽっぽっ屋通販5

タレを吸った麺を引きずり出したところ。ボキボキです。

ぽっぽっ屋通販6

厚切り豚さん。

ぽっぽっ屋通販7

後日、麺を1.5玉で作りました。豚さんも増量です。

ぽっぽっ屋通販8

卵の黄身が太い麺に絡み、黒胡椒がよくあいます。

■ 関連ログ
ぽっぽっ屋本店

【2008/04/01 11:17】 油そば | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<フェンネルの餃子を作ってみた | ホーム | 麺や 丸めのカレー麺vs味麺(油そば)に参戦>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/560-6a733c8c
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。