バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『安利製麺所の蝦仔麺で撈麺』
日本の中華食材店でも売っている蝦子麺というものがあります。その麺の細さが似ているもんだからついつい香港の雲呑麺の麺を期待しちゃいます。が、ぜんぜん別物。ますます雲呑麺への想いがつのる結果となります。一方香港では数年前より「生麺」と銘打った商品がメジャーブランドから売られ始めました。うちのデータベースで検索しただけでも50件ありました。生麺とは言っても日本でいう水分を含んだ生麺ではありません。食べた食感が生麺のジャリジャリとしたところ再現できているからかな?それくらジャリジャリで輪ゴム感があります。ちなみに店の雲呑麺は乾麺でない生麺です。店で食べる蝦仔麺は蝦の干した卵をかけた食べ方です。「子」と「仔」の違いはまったく知りません。

では蝦子麺とは…蝦の干した卵を練りこんだ麺です。見たこと無いけど生麺タイプもあるのかな?蝦の卵以外にもいろいろ練りこんだ麺があります。スーパーでも市場でも香港の街中ではそこいらじゅうで乾麺を売っていますので見つけることができます。その中でも観光客に有名な安利へ行ってきました。

安利麺1

安利麺2

蝦仔、貝柱、鮑、たくさん買ってきました。

安利麺3

まずは蝦仔の幅広麺

安利麺5

九龍醤園のオイスターソースをかけて

安利麺6

ビロビロの麺をほおばります。しっかりと歯ごたえがあります。どこのメーカーもだけどグルグルと丸めた乾麺って部分部分くっついてダマになってるところがあります。これだけが残念。蝦仔添もします。

安利麺4

間髪いれずに細麺。

安利麺7

伸びる前に急いで食うべし。とか言いながら写真を撮る。

安利麺8

蝦仔のブツブツが見えます。

【2008/04/02 13:22】 2007年末 香港 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<安利つながりで安利魚蛋粉麺 | ホーム | フェンネルの餃子を作ってみた>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/562-d4273f68
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。