バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『台湾原住民の手作り酒』
先週は華人圏では春節(旧正月)で長い休暇になることもあって台湾に住む家族が一時帰国していました。ということでいろいろとお土産をお願いしていたんですが、サプライズでこんなのがありました。台湾原住民からもらったお酒で小米酒というそうです。どかんとちゃぶ台に置かれた乳白色のそれは、見た目はまんまどぶろく。美味そうです。原住民という響きも何か期待させます。

※小米は「あわ」なのであわのどぶろくですね。

小米酒1

発泡しているから栓をはずすのは慎重にと口頭で注意が入ります。時には噴出して天井に達するそうです。いいですねぇ。この瓶の栓はスクリュータイプだったので簡単にガス抜きができました。日本酒やワインのような栓だったら一度噴出したら止めることができません。しかし、発泡させるならペットボトルや耐圧瓶に入れましょう>製造元様。

そういえば、この瓶は飛行機にも乗ってきたのでした。0.8気圧と低気圧な機内、地上よりも瓶へかかる力が大きい…怖い怖い

小米酒2

味の方は、まだまだガンガン醗酵できるくらい甘みがたっぷり残っているけれども、けっこう乳酸醗酵していて意外と甘みをくどく感じません。もちろんどぶろくなのでこってりが基本ですが。美味いです。どんな酵母使ってるのか(買えるのか)気になるところです。とりあえず100ml程度残しておきました。ニヤリ。

ジュースのようなのでアルコールのことを考えないとへべれけになれます。


後日談

残しておいた100ml程度の小米酒は…もちろん日本米との相性が期待されます。元気な小米酒を酵母としてどぶろくにしてみました。失敗でした。酸っぱすぎます。何かの雑菌が入っちゃったのかな?
【2010/02/24 00:11】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
<<台湾のスーパーでやたらと売れる酒 | ホーム | 台湾の地ビール>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://ramendb.blog16.fc2.com/tb.php/657-eb7b9a7a
| ホーム |

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。