バナー
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【PR】
『ニョニャラクサを自宅で』
もう少し前のことになりますが、シンガポールinクアラルンプールoutでいろいろ食べてきました。もちろんスーパーではいろいろと調味料類を買ってくるわけで、こんなのを試してみました。ニョニャ・カレー・ラクサ!

ニョニャラクサペースト

マレーの麺は日本のラーメンに使うような中華麺というよりは長崎チャンポンのようなちょっとのびたというかコシの弱いというかそんな麺でした。こんな麺はあまりスーパーでは見かけないのでお気に入りの『「山岸一雄」監修 つけ麺専用中華麺』を使いました。食感や香りが違うけれどもこれでも美味い。海鮮の具があいます。あぁ赤貝入れたい。揚げさんも味がシミシミで美味い。

しかし、ココナツミルクの量もたっぷりなこの汁、ハイカロリーなのは分かっているのですが、美味くて美味くて我慢できません。残った汁にご飯投入しちゃいました。

自作ニョニャラクサ

【2011/04/17 11:17】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(1) |
【PR】
『70年代公共巴士回顧港島編』
街の看板を見るとまだ右書きと左書きが混ざってる70年代香港はこんなバスが走っていました。この映像はもうだいぶん前に80Mで買ったVCDです。70年代の香港を体験された方にとっては、それはそれは懐かしいのではないでしょうか。80mのオンラインショップを覗くとまだこのVCD売っているようです。

70年代公共巴士回顧港島編1

70年代公共巴士回顧港島編2

70年代公共巴士回顧港島編3

70年代前半のCMBは赤色でした。

70年代公共巴士回顧港島編4

香港名物二階建てトラムの後ろには子トラムが

70年代公共巴士回顧港島編5

バス停も懐かしい。安定感の無い鉄パイプでした。

70年代公共巴士回顧港島編6

かっこいい

70年代公共巴士回顧港島編7

ボンネットもかっこいい

70年代公共巴士回顧港島編8

薄っぺらい椅子の先に見える赤いのが料金箱。八達通を使うようになってからはどんな料金箱だか記憶がありません。

70年代公共巴士回顧港島編9

香港は国家プロジェクトで昔の映像をデジタル化してくれないかな。まだ8mmを持ってる人が生きてるうちに。
【2010/12/26 20:01】 香港関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『黒猫肉饅』
黒猫肉饅1

黒猫肉饅2

台湾のちょっと変わった肉まん。本当にちょっとだけ変わってます。一見、豚肉たっぷりの肉まんですが、ややジューシーなところと醤油膏と油葱酥が効いてるんです。醤油膏と油葱酥が台湾らしいですね。

味の方は、ジューシーな写真を見たらわかるとおりまずいわけがありません。日本の肉まんモノサシでみると特上品です。街中に普通にこんな店があるなんてうらやましい限りです。うちの近所もチェーン店には出て行ってもらって、仕事のできる普通の飲食店ができないかなぁ。
【2010/12/25 12:37】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『タロイモチップス』
タロイモチップス1

タロイモチップス2

もうずいぶん前のことになってしまうのですが、これは残しておかないとということで書きます。台湾にいるといたるところで、タロイモに出会います。おそらく台湾はタロイモ食文化圏のほんの一部なんでしょうけど、他は知らないので…とりあえず台湾ということで。甘いさんだったり、おかずさんだったり、本当によく見かけます。スーパーのスナックコーナーでもちょくちょく見かけるので一つ適当に選んで買ってみました。パッケージがタロイモ!って感じでしょ。

何でこれが残しておかないとなのかと言えば、これ、めちゃめちゃ美味いんです。シンプルに塩だけで味付けしてタロイモの味を楽しめます。タロイモって日本では作れないのかな?最近じゃ普通にスーパーで国産の空心菜や香菜とか売ってるので期待しちゃいます。正月も近づくこの時期、タロイモと同じ種類の芋がいくつか出回りますがどれもタロイモの香りが無いんです。せめてタロイモチップスだけでも台湾系中華食材店でおいてくれたらいいのに。
【2010/12/25 12:23】 その他の食べ物・飲み物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
『旺角香港カレー爆弾もどき』
先日、近所のスーパーでサッカーボールとかバレーボールを小さくしたくらいの丸いパン(カンパーニュ)が安価でありました。この形を見て旺角のカレー爆弾を思い出さずにはいれません。旺角の熟食中心で食べられるカレーが入ったパンです。カレーパンではありません。

香港カレー爆弾もどき

パンをくり抜いて香港カレーを詰め込んだらできあがりです。ここで香港カレーと書いてあるのは、香港の茶餐廳などで食べられるカレーです。日本のカレーとはまた違った味や香りや粘度でこれが美味いのです。蓋をちぎってはカレーをすくって食べ、壁を崩してはカレーをすくって食べます。ビールと良く合います。
【2010/12/22 00:34】 自作料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【PR】
前ページ | ホーム | 次ページ

フィルムの力

before
after
写真中の緑のツマミを左右に動かしてください

L判の写真(左)とフィルムから直接スキャンしたもの(右)を比較しています。
やり方は…

相互リンク

相互リンクしていただける方はこちらからお願いします。

links

entries

comments

trackbacks

FC2 SEOリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。